麻生区版 掲載号:2019年9月27日号 エリアトップへ

麻生ラグビースクールの校長として生徒の育成、競技の普及に努める 杉浦 輝明さん 横浜市青葉区在住 44歳

掲載号:2019年9月27日号

  • LINE
  • hatena

軸は「ラグビーのファン作り」

 ○…園児から小学生150人が参加する麻生ラグビースクールの校長として2年目を迎えた。今まさにラグビーW杯が日本で盛り上がる中、「敵味方なく良いプレーには拍手が起こり、ブーイングも少ないスポーツがラグビー。規律が尊重される雰囲気も楽しんでもらえたら」と笑顔を見せる。

 ○…力士だった父親譲りの体格は小学6年で身長170cm、体重80kgに。少年時代はそれがコンプレックスだった。「遊んでいると友だちが吹っ飛んで行ってケガをさせることが多くて、本気を出しちゃいけないんだって自制する子でした」。思い切りできるチームスポーツに憧れ、法政二高入学時に門を叩いたのがラグビー部だった。「フォワードとして大きな身体が長所になったのが本当に楽しくてのめり込みました」。厳しさを味わった大学と社会人でも競技を続け、日本選抜に名を連ねるなど活躍した後、32歳で引退した。

 ○…「家族と仕事に目を向けようとしていたのに、息子をラグビースクールに通うわせたのがきっかけで」と、競技に関わる暮らしが続く。今は身体を動かす機会も減り、妻との週末ウォーキングが日課になった。「コミュニケーションだと思っていますが向こうはどう思っているか。家族の協力には本当に感謝しかない」と苦笑い。

 ○…身体をぶつけ合うことで痛みを知り、相手に感謝しつつ仲間と負けない心を築いていく。選手として実感したラグビーの魅力を今は子どもたちに伝える立場。「W杯で競技に注目してもらえるのはありがたいこと。これからはそれを継続していくための環境づくりが大事になってくる」。「いつまでもラグビーファンであって欲しい」という目標に向け、大らかな視線はW杯後の仕組み作りにも向けられている。

麻生区版の人物風土記最新6

石井 よし子さん

22日開催の「里山フォーラムin麻生」で事務局長を務める

石井 よし子さん

下麻生在住 70歳

2月21日号

井上 聰一(そういち)さん

2019(令和元)年度の川崎市自治功労者に選ばれた

井上 聰一(そういち)さん

下麻生在住 74歳

2月14日号

藤本 加奈さん

麻生市民館で2月15日に開催する「空と、木の実と。」の上映会を企画する

藤本 加奈さん

白鳥在住 34歳

2月7日号

山内(やまのうち) 楓子さん

麻生消防団員で、総務省消防庁の消防団入団促進PRに出演する

山内(やまのうち) 楓子さん

東百合丘在住 20歳

1月31日号

成田 真由美さん

パラリンピック競泳の金メダリストで、東京大会の日本代表入りを目指す

成田 真由美さん

多摩区在住 49歳

1月24日号

矢野 淳一さん

阪神・淡路大震災でのボランティアをきっかけに地域防災に取り組む

矢野 淳一さん

高石在住 66歳

1月17日号

草壁 悟朗さん

川崎商工会議所の会頭に昨年11月就任した

草壁 悟朗さん

幸区在住 66歳

1月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ガイド案内で歴史散歩

麻生がもっと好きになる

ガイド案内で歴史散歩

3月11日~3月11日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク