麻生区版 掲載号:2019年10月18日号 エリアトップへ

市内で活動するご当地アイドル「川崎純情小町☆」の新メンバー 服部 星奈(せな)さん 麻生区・中原区担当 

掲載号:2019年10月18日号

  • LINE
  • hatena

 内に秘める 熱い魂

 ○…地域活性化を目的に市内で活動するご当地アイドル「川崎純情小町☆」に9月21日から新メンバーとして加入。「せなぴ」の愛称で4代目麻生区担当を務める。「人前でパフォーマンスするのが好き。ご当地アイドルとして、地域のことを紹介できるように頑張りたい」と、ゆっくりとした口調ではっきりと答える。

 ○…アイドルの卵ともいえる「研究生」になってわずか2カ月という早さで正規メンバーに合格。幼い頃からピアノを習い、音楽を仕事にしたいと思ったのは高校進学を考え始めたころ。シンガーソングライターとして活動するようになり、研究生になる前は都内や川崎駅で路上ライブをしていた。「川崎駅でライブをしていた時は、都内より応援してくれる雰囲気を感じた。川崎は人が優しい印象」と振り返る。自作の楽曲には「型にはまらなくていい、人と同じじゃなくていい」というメッセージを込めることが多い。「生きづらさを抱える人が多い気がする。そんな人たちに、楽な気持ちで楽しんでもらえる場所を作りたい」。アイドルになっても、その思いは変わらない。

 ○…家でウサギ2羽とフクロモモンガ1匹を飼うほどの動物好き。多摩川河川敷をお薦めスポットに挙げるのも「鳥が見られるから」と顔をほころばせる。「動物はのんびりしていて、かわいい。話さない分、すごく素直に意思表示してくれる」と溺愛ぶりを伺わせる。

 ○…就任から1カ月未満で既に多くのステージに立った。1日店長や広報大使など、日本一肩書の多いアイドルとしても記録を更新中だ。「(麻生区は)緑が豊かで、元気いっぱいな子どもたちが多いなと思いました。地域に愛着を持ち、地元を大切にしている印象。そんな川崎の魅力を外にも発信していきたい」。

麻生区版の人物風土記最新6

佐藤 由加里さん

かわさきこども食堂ネットワークの代表を務める

佐藤 由加里さん

川崎市在住 54歳

5月15日号

 辻 周児さん

小田急小田原線 新百合ヶ丘駅長に先月就任した

辻 周児さん

麻生区在勤 51歳

5月1日号

兼平 大介さん

プロレス団体「ヒートアップ」所属選手で、地域活動にも力を入れる

兼平 大介さん

稲城市在住 35歳

4月24日号

岡部 郁夫さん

麻生警察署署長に就任した

岡部 郁夫さん

千代ヶ丘在住 58歳

4月17日号

立川 志らぴーさん(本名:片桐 悠吾)

麻生市民交流館やまゆりでワンコイン落語会を開催している

立川 志らぴーさん(本名:片桐 悠吾)

町田市在住 27歳

3月27日号

丸山 喬平さん

第23回「岡本太郎現代芸術賞展」で入選した

丸山 喬平さん

王禅寺西在住 32歳

3月13日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク