麻生区版 掲載号:2019年10月25日号 エリアトップへ

岡上小で寺子屋教室始動 地元住民 放課後の先生に

教育

掲載号:2019年10月25日号

  • LINE
  • hatena
宿題の手伝いで世代間交流も図られた
宿題の手伝いで世代間交流も図られた

 放課後の教室で住民らが学習支援などを行う「寺子屋おかがみ」が岡上小学校(栗田嘉也校長)で始まった。初日となった16日は呼びかけで集まった地域の「寺子屋先生」4人が児童23人の宿題を手伝った。

 この取り組みは川崎市が進める「地域の寺子屋事業」の一環。地元住民が講習を受けて寺子屋先生となり、週1回の学習支援と体験授業を行う活動だ。麻生区では同小含め7カ所、市内では51カ所で事業が行われている。

 寺子屋おかがみは事前に参加登録した児童32人と8人の寺子屋先生でスタート。運営を行うのは岡上地区の2町会と和光大学などで組織される実行委員会だ。事務局長を務める星野勝巳さん(67)らが昨年、保護者アンケートを行い、要望があったことから約1年かけて実施にこぎつけた。

地元の先輩「期待に応えたい」

 初日は宮野敏男実行委員長(72)が「ようやく岡上でも事業を開くことができた。寺子屋先生は地元の先輩方なので仲良くやっていきましょう」と児童に挨拶。寺子屋先生は児童が持ち寄った宿題を見て回った。

 寺子屋先生の一人、高井宣昭さん(77)は「今は時間もあり何か地域にお手伝いを、という思いで参加した。子どもたちの期待に応えたい」と話した。小学3年の齋藤奏空さんは「すごい楽しみだった。みんなと一緒にドッジボールもしたい」と笑顔を見せていた。

挨拶する宮野実行委員長(写真左奥)
挨拶する宮野実行委員長(写真左奥)

麻生区版のローカルニュース最新6

今年は"ひと味ちがう"ジャズ

今年は"ひと味ちがう"ジャズ 文化

8日、音大生企画公演

4月16日号

13年目の春がきた

13年目の春がきた 文化

18日開幕、5月16日まで

4月16日号

3世代で、縁の下の力持ち

3世代で、縁の下の力持ち 文化

アートボランティア“柴田ファミリー”

4月16日号

やまゆりで「フラ」体験

やまゆりで「フラ」体験 文化

23日、区民講師講座

4月16日号

地元野菜に長蛇の列

小田急×地元農家

地元野菜に長蛇の列 社会

直売企画 2回目も盛況

4月16日号

性暴力根絶へ、50人が訴え

性暴力根絶へ、50人が訴え 社会

川崎駅前でフラワーデモ

4月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

黒川で「ピザ焼き体験」

黒川で「ピザ焼き体験」

GWに野外活動センターで

5月3日~5月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter