麻生区版 掲載号:2019年10月25日号 エリアトップへ

岡上小で寺子屋教室始動 地元住民 放課後の先生に

教育

掲載号:2019年10月25日号

  • LINE
  • hatena
宿題の手伝いで世代間交流も図られた
宿題の手伝いで世代間交流も図られた

 放課後の教室で住民らが学習支援などを行う「寺子屋おかがみ」が岡上小学校(栗田嘉也校長)で始まった。初日となった16日は呼びかけで集まった地域の「寺子屋先生」4人が児童23人の宿題を手伝った。

 この取り組みは川崎市が進める「地域の寺子屋事業」の一環。地元住民が講習を受けて寺子屋先生となり、週1回の学習支援と体験授業を行う活動だ。麻生区では同小含め7カ所、市内では51カ所で事業が行われている。

 寺子屋おかがみは事前に参加登録した児童32人と8人の寺子屋先生でスタート。運営を行うのは岡上地区の2町会と和光大学などで組織される実行委員会だ。事務局長を務める星野勝巳さん(67)らが昨年、保護者アンケートを行い、要望があったことから約1年かけて実施にこぎつけた。

地元の先輩「期待に応えたい」

 初日は宮野敏男実行委員長(72)が「ようやく岡上でも事業を開くことができた。寺子屋先生は地元の先輩方なので仲良くやっていきましょう」と児童に挨拶。寺子屋先生は児童が持ち寄った宿題を見て回った。

 寺子屋先生の一人、高井宣昭さん(77)は「今は時間もあり何か地域にお手伝いを、という思いで参加した。子どもたちの期待に応えたい」と話した。小学3年の齋藤奏空さんは「すごい楽しみだった。みんなと一緒にドッジボールもしたい」と笑顔を見せていた。

挨拶する宮野実行委員長(写真左奥)
挨拶する宮野実行委員長(写真左奥)

麻生区版のローカルニュース最新6

新百合ヶ丘駅周辺イルミ夜8時消灯

【Web限定記事】

新百合ヶ丘駅周辺イルミ夜8時消灯 社会

緊急事態宣言受け

1月22日号

多彩な講師から探る、"広い視野を持つ"人の幸せな生き方

【Web限定記事】

多彩な講師から探る、"広い視野を持つ"人の幸せな生き方 社会

麻生市民館がオンライン講座

1月22日号

男女の愛情の行方は

劇団民藝

男女の愛情の行方は 文化

若手中心に2月公演

1月22日号

原さん、舞台で肉体美披露

【Web限定記事】川崎市出身 ジャニーズJr.

原さん、舞台で肉体美披露 文化

1月22日号

「自宅で確定申告」呼びかけ

新田ジム

「自宅で確定申告」呼びかけ 社会

白崎選手ら税務署大使に

1月22日号

やまゆり休館

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク