麻生区版 掲載号:2019年11月8日号 エリアトップへ

新百合ヶ丘駅 構内に「街中ピアノ」 常設に向け4カ月実験

文化

掲載号:2019年11月8日号

  • LINE
  • hatena
年内は小田急OXMart側に設置
年内は小田急OXMart側に設置

 街角に置かれ誰でも自由に演奏できる「ストリートピアノ」が、新百合ヶ丘駅構内に今月17日(日)から設置される。芸術文化を振興するまちの新たな取組として、産官学4者協働による社会実験を来年3月まで実施する。



 新百合ヶ丘駅に置かれるピアノは「しんゆりステーションピアノ」(通称SSP)と称され、川崎市、小田急電鉄(株)、新百合ヶ丘エリアマネジメントコンソーシアム、昭和音楽大学の4者が主催。市内の鉄道駅構内では初めての実施となる。設置場所は、第1期(17日から12月25日(水)まで)は同駅コンコースに、第2期(来年1月7日(火)から3月15日(日)まで)は小田急マルシェ新百合ヶ丘の2階。ピアノは、近隣住民から提供の申し入れがあったという楽器を使用する。

 ストリートピアノは東京都庁や横浜市関内駅の地下街など全国に設置が広まっている。市内では今年9月から10月に川崎駅の商業施設前に期間限定で登場した。市は駅構内でストリートピアノをと、芸術文化のまちづくりを進める新百合ヶ丘駅に常設することを発案。他3者も前向きに検討し、調整を進めてきた。期間中は区民や駅利用者にアンケート、交通量調査等を行い、常設の可否を検討する。市担当者は「誰でも気楽な形で弾いてもらい、皆さんに親しまれるピアノになれば」と話している。

16日にお披露目演奏

 同駅前のイルミネーションイベント「kirara@アートしんゆり」点灯式(16日)で、SSPのオープニング・ライブが行われる。ペデストリアンデッキで昭和音楽大学大学院に在籍する中村優似さんが演奏。時間は午後4時45分頃から15分程度。雨天中止。

 SSPの演奏可能時間は第1期が午前10時から午後5時(土日祝は6時)まで、第2期が午前10時から午後6時まで。ピアノは譲り合って利用し、SNS等での事前告知は禁止。利用ルールの詳細は【URL】http://www.city.kawasaki.jp/500/page/0000111071.htmlで確認を。
 

川崎駅の商業施設で実施された様子
川崎駅の商業施設で実施された様子

麻生区版のトップニュース最新6

「特別教室」1割止まり

市立小中施設利用

「特別教室」1割止まり 教育

市、モデル事業で促進へ

1月24日号

農家の果実酒醸造 解禁へ

農家の果実酒醸造 解禁へ 経済

市、県内初の特区を申請

1月24日号

救急出動 30年で2.5倍

川崎市

救急出動 30年で2.5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

地域の将来 語る場創出

麻生区

地域の将来 語る場創出 社会

初回会議 1月末に開催

1月17日号

将来見据えた地域づくり

多田区長インタビュー

将来見据えた地域づくり 社会

コミュニティ構築に重点

1月10日号

川崎から2人 聖火つなぐ

2020東京五輪

川崎から2人 聖火つなぐ スポーツ

「感謝」胸に、7月1日出走

1月10日号

先読む力 令和に開花

片平小4年福田佳朋君

先読む力 令和に開花 文化

囲碁全国大会 3度目出場

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

懐かしの歌で健康に

懐かしの歌で健康に

リリオスで7回目の開催

1月28日~1月28日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第165回 シリーズ「麻生の歴史を探る」下綱騒動と志村弥五右衛門後編 文:小島一也(遺稿)

    1月24日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第164回 シリーズ「麻生の歴史を探る」下綱騒動と志村弥五右衛門前編 文:小島一也(遺稿)

    1月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク