麻生区版 掲載号:2019年12月6日号 エリアトップへ

若手農家、イチゴに着目 都市型農業の可能性探る

経済

掲載号:2019年12月6日号

  • LINE
  • hatena
1500平方メートルのハウスを構えた安藤さん
1500平方メートルのハウスを構えた安藤さん

 麻生区内の若手農業従事者2人がイチゴを使った観光農園を目指し、新規でビニールハウスを建設。来春のオープンに向け、準備を進めている。両者は市内や都市部からの集客や農家の就業環境改善といった都市型農業の将来を見据え、施設栽培の導入に踏み切った。

 市内のイチゴ農家は一昨年の4軒から昨年は6軒、来年は8軒以上に増える見込み。ハウス栽培は初期投資が必要だが、イチゴ狩りの人気や収穫までの期間が短いといったメリットがある。川崎市農業支援センター関係者は「都市部は消費者が近く、観光農園へのニーズを感じている若手農家は多い」と話す。

将来に向けた視点

 約10年の会社員生活を経て、実家の農業を継いだ安藤圭太さん(32)=片平在住=も今季からイチゴに取り組む一人。横浜市と隣接する区内早野の耕作放棄地を借り受け、約1500平方メートルのビニールハウスを建てた。「農業の拡大を考え、一定規模でのイチゴ栽培に着目した」と安藤さん。数千万円の初期投資が必要だったが「農家と消費者を身近にできるのが都市農業の魅力。顔の見える果物や野菜を提供する場として、都心のニーズは高いと感じている」と話す。

 岡上の山田貢さん(37)は農業の効率化を目指し、麻生区内の情報技術企業(株)ルートレック・ネットワークスと共同で鶴川駅から数分の土地にハウス1棟を建てた。ここではAI技術を活用した栽培データの収集を行い、農家の働き方を改善させる研究も進めている。山田さんは「天候に左右されない方法で農家の就業環境を向上させたい。働く時間をコントロールすることで農業にも働き方改革の考えを盛り込み、地域の雇用も生み出したい」と話す。

 両者とも通常のイチゴ栽培よりも1カ月ほど遅れているというが、来春に向け、作業に取り組んでいる。

AI活用で収納環境改善を図る山田さん
AI活用で収納環境改善を図る山田さん

麻生区版のトップニュース最新6

救急出動 30年で2.5倍

川崎市

救急出動 30年で2.5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

地域の将来 語る場創出

麻生区

地域の将来 語る場創出 社会

初回会議 1月末に開催

1月17日号

将来見据えた地域づくり

多田区長インタビュー

将来見据えた地域づくり 社会

コミュニティ構築に重点

1月10日号

川崎から2人 聖火つなぐ

2020東京五輪

川崎から2人 聖火つなぐ スポーツ

「感謝」胸に、7月1日出走

1月10日号

多様な魅力 「創発」で

多様な魅力 「創発」で 政治

福田市長、2020年を語る

1月1日号

先読む力 令和に開花

片平小4年福田佳朋君

先読む力 令和に開花 文化

囲碁全国大会 3度目出場

1月1日号

多様性受け入れ150回

音楽交流サロン奏

多様性受け入れ150回 文化

川崎授産学園で開始7年

12月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

懐かしの歌で健康に

懐かしの歌で健康に

リリオスで7回目の開催

1月28日~1月28日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク