麻生区版 掲載号:2020年1月10日号 エリアトップへ

多田区長インタビュー 将来見据えた地域づくり コミュニティ構築に重点

社会

掲載号:2020年1月10日号

  • LINE
  • hatena
インタビューに答える多田区長
インタビューに答える多田区長

 新年にあたり、タウンニュース麻生区版では多田貴栄区長にインタビューを行った。多田区長は災害や高齢社会に対応する取り組みから区の将来の姿など、思いを語った。(聞き手/本紙・麻生区編集室編集長 中島正裕)

 -昨年を振り返り、印象に残った出来事をお聞かせください。

 「台風15号、19号により各地で甚大な被害が発生し、改めて災害への備えや避難行動の重要性を認識しました。そして日頃の支え合いなど、地域のつながりが必要だと強く感じました。超高齢社会の到来や地域コミュニティの希薄化に対応し、誰もが安心して暮らすためには、行政だけでなく多様な方々による活動とご協力が欠かせません」

 ―つながりを持とうという取り組みで成果はありましたか。

 「区内で活動する文化芸術などの団体代表者が集う場をこれまで設けてきましたが、その拡大版として昨年9月に代表以外の方やパラアート関係者などにも参加して頂いた『カフェ・グランデあさお』を開催しました。ここでは新たな連携も期待できる会となりました。11月中旬からはまちづくり団体や地元の大学、鉄道関係者などの協力で新百合ヶ丘駅に設置されたステーションピアノが好評でした。お子さんから高齢者までルールを守って演奏している風景は、文化芸術の土壌がある麻生区ならではの雰囲気だなと思います」

地域の力 強固に

 ―2020年に進展させたいことは。

 「地域防災力の向上を考え、引き続き防災訓練を実施します。また自己診断ツール『ちいきのちからシート』の周知を通じて、家庭でも個人でもできる“防災スキルを学ぶ”“備えを学ぶ”取り組みを進めていきます。また地下鉄の延伸については、中間駅を含めたルートが今年度中に選定されます。区も川崎市のまちづくり方針と歩調を合わせて考えていきます。ほかにも昨年実施した『カフェ・グランデあさお』の開催を考えています。次回はどなたでも参加できるように間口を広げて、そこから新たな連携が生まれれば良いと思っています」

 ―区では希望のシナリオプロジェクト、まちのひろば募集で新たな区の姿を模索しています。

 「10年後こうだったら良いなという区の姿、つまり多様なつながりや居場所がある市民創発の社会が『希望のシナリオ』です。それを実現させるため、多くの方々が対話を重ねていくのがこのプロジェクトとなります」

「住み続けたい麻生に」

 「プロジェクトは1月26日のキックオフイベントに向け参加者を募集しています。『まちのひろば』は誰でも気軽に行ける居場所やつながりが生まれる場のことで、区内100カ所を目指して募集を行っています」

 ―区長が考える区の理想の姿とは。

 「麻生区は市民活動団体や町会、大学、事業者などがさまざまな連携の中で活動しています。この現状を大切にしながら緩やかに、または強固に結ばれ輪が広がることで安全安心や生きがいづくりといった効果が生まれます。これまでの土壌を尊重し、社会状況に即した新たな取り組みも生まれるまちになることを期待しています」

 ―今年の重点施策をお聞かせください。

 「高齢者の見守りなどに役立ち、地域全体で健康への関心を高めるために、これまで福祉施設などで行ってきた感染症対策の講座を来年度はだれでも参加できる公開方式にしようと考えています。子育て世代に向けては、現在、未就学児を守る防災ノウハウをまとめた冊子『ぼうさいポケット』の改定作業を行っています。これは家庭向けにリーフレットの配布も予定しています。また来年度は子育て関係の情報冊子『こそだてポケット』のリニューアルを目指します。これは成長段階に応じて保育士などの経験や知識を活かしたもので、関連施設に配布する予定です」

 ―区民にメッセージを

 「麻生区には自然豊かで文化的にも恵まれた環境があります。そういった地域資源を大切にしながら、職員一同、皆様と共に『住み続けたい』『住んでみたい』と思われる区を目指していきます」

魅力的な区づくりを語る多田区長
魅力的な区づくりを語る多田区長

川崎市特別定額給付金のお知らせ

申請期限は令和2年8月31日まで!コールセンター0120-756-752

http://www.city.kawasaki.jp/170/page/0000117187.html

<PR>

麻生区版のトップニュース最新6

教科書に見る戦時中の影

教科書に見る戦時中の影 文化

柿生郷土史料館で特別展

8月14日号

販売数、見込みの5割

川崎じもと応援券

販売数、見込みの5割 経済

   商店主ら「大型店も対象に」

8月14日号

「違うこと」 絵本で伝える

「違うこと」 絵本で伝える 社会

翻訳家・野坂悦子さん

8月7日号

街路灯「維持費に重荷」

市商連

街路灯「維持費に重荷」 社会

補助金増額、市へ求め

8月7日号

3カ月越しに開幕

アルテリッカしんゆり

3カ月越しに開幕 文化

初日は450人が来場

7月31日号

地元で集客促進へ

市内観光事業者

地元で集客促進へ 経済

「GoTo」頼らず独自策も

7月31日号

公益社団法人 川崎西法人会

税のオピニオンリーダーとして地域に密着し、会員企業・一般向けの研修会を実施

https://www.kawasakinishihojinkai.or.jp

川崎のプロレス団体ヒートアップ

8月10日に新百合21ホールで無料チャリティー興行開催!詳細はHP

https://heat-up.biz/

川崎市遊技場組合

パチンコ・パチスロは適度に楽しむ遊びです

http://www.kykk.com/

和光大学

入試相談&キャンパス見学実施中。オンラインでも対応しています。

http://www.wako.ac.jp/

J:COM 町田・川崎局

もっと、あなたに響くこと。J:COM

https://www.jcom.co.jp/

川崎フロンターレ

全力プレーと地域活動で川崎を笑顔に!

https://www.frontale.co.jp

学校法人 桐蔭学園

『自ら考え 判断し 行動できる』園児・児童・生徒・学生を育てる

http://toin.ac.jp/

JAセレサ川崎

食と農を守り豊かな暮らしの実現をめざして都市農業の振興と地域社会の発展に貢献

https://www.jaceresa.or.jp/

麻生交通安全協会

飲酒運転根絶ハンドルキーパー運動を推進

http://www.police.pref.kanagawa.jp/ps/49ps/49_idx.htm

しんゆり交流空間リリオス

カフェ併設のレンタルスペースで子育てママから元気シニアなど、イベント開催中!

http://www.lirios.jp/

株式会社カジノヤ

味にこだわり、心を込めた納豆づくり

http://www.kajinoya.co.jp/

お参りは柿生のこんぴらさんへ

いつでも、どなたでも気軽にお参りできる、バリアフリーの琴平神社

http://kotohirajinja.com/

柿生禅寺丸柿保存会

禅寺丸柿ワインの製造、販売も行っています。10 月21 日は禅寺丸柿の日。

http://asao-kankou.jp/?page_id=4744

川崎麻生ロータリークラブ

緑豊かな麻生区を中心に活動しています

http://www.asaorc.net/

川崎授産学園

地域と共に歩む 職員を募集中

http://www.seiwa-gakuen.jp

わがまちへ貢献・麻生区文化協会

麻生区の文化団体が集まり「麻生区文化祭」を毎秋に開催しています

http://home.sato-gallery.com/asao-bunka/asao-bunka.html

音楽工房 座 MARU

こどもから大人まで…音楽でつながる安らぎと感動を

https://www.townnews.co.jp/0205/2012/12/14/169114.html

かわさき産業親善大使 神崎順

芸術の街・しんゆりに生まれた夢のレビューを皆様と

http://www.esp-revue.com/

晃進会 たま日吉台病院

職員(栄養科スタッフ、事務当直スタッフ)募集中!詳細はHPへ

http://tamahiyoshi.or.jp/recruit/index.html

麻生区の音楽ホールと文化教室

軽井沢気分の心地よさ~しまりすミュージックホール&しまりすギャラリー

http://www.shimaris.com/

川崎市アートセンター

芸術のまちづくりを継承、発展させるアートセンター

http://kawasaki-ac.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月7日0:00更新

  • 7月24日0:00更新

  • 7月17日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月14日号

お問い合わせ

外部リンク