麻生区版 掲載号:2020年1月31日号 エリアトップへ

麻生消防団員で、総務省消防庁の消防団入団促進PRに出演する 山内(やまのうち) 楓子さん 東百合丘在住 20歳

掲載号:2020年1月31日号

  • LINE
  • hatena

”あたたかい”地元で消防団

 ○…今年1月から全国で掲示されている、学生向けの消防団入団促進ポスターやリーフレットに抜擢された。自身の起用に「びっくりした」が、友人に「見たよと声をかけられるのが嬉しい」と笑みを浮かべる。PRを通して「同世代や学生に広く消防団の存在を知ってもらいたい」。

 ○…大学内で消防団の募集を知り、紹介動画で団員が地域のために活動している姿にひかれた。大学のある立川と迷ったが「地元で活動したい」と昨年5月に麻生消防団へ。女性消防団として、地域の防災訓練や年末の特別警備に参加するなど、防火、防災の広報を担う。活動中は笑顔で接してくれる地域の人が多い。ずっと暮らしてきた麻生区。入団前は地域活動をしたこともなかったが「人があたたかいまち」だと感じている。

 ○…4人きょうだいの末っ子で、にぎやかな家族の中で育った。小学生で始めて以来、中高と「青春はバスケに捧げてきた」。今でもプレーはもちろん、川崎ブレイブサンダースの試合も見に行く。高2で膝をケガして手術したことをきっかけに看護師に憧れ、現在は看護大学の2年生。東日本大震災で東北ではなくても身近な人に被害があった経験から、災害時に動ける看護師を目指している。

 ○…初仕事で直接目にした団員の操法技術に圧倒された。「日々の練習あってこその技術なんだ」と実感。いつかは女性の操法大会に出場したいという目標もできた。消防団員と学生として過ごすは日々は、小さい頃から「やりたいことならやってみなさい」と家族が背中を押してくれたから。「応援してくれる家族の支えは大きい」と照れずに語る。今後も消防団の活動を続け「地域の人と接して、火災件数の減少に貢献できれば」。

麻生区版の人物風土記最新6

飯塚 宏司さん

麻生警察署の署長に就任した

飯塚 宏司さん

千代ヶ丘在住 55歳

4月9日号

安藤 圭太さん

若手農家グループ「畑から台所へ。」のメンバーでイチゴ農園「スローファーム」を営む

安藤 圭太さん

片平在住 34歳

4月2日号

佐々木 直子さん

4月1日に区役所等で配布される「まちのひろば」の編集を手掛けた

佐々木 直子さん

千代ヶ丘在住 60歳

3月26日号

北村 清士さん

ヨネッティー王禅寺でパステル画教室の講師を30年務める

北村 清士さん

宮前区在住 83歳

3月19日号

秋元 茂さん

プロの写真家として、しんゆり交流空間リリオスで写真教室の講師を務める

秋元 茂さん

高石在住

3月12日号

築野 俊雄さん

【Web限定記事】あさお謡曲研究会 夕べの会の代表を務める

築野 俊雄さん

片平在住 71歳

3月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

黒川で「ピザ焼き体験」

黒川で「ピザ焼き体験」

GWに野外活動センターで

5月3日~5月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク