麻生区版 掲載号:2020年2月14日号 エリアトップへ

柿生歩道橋 3月上旬に利用開始へ 工法変更で半年延期

社会

掲載号:2020年2月14日号

  • LINE
  • hatena
工事が進む柿生歩道橋=2/8撮影
工事が進む柿生歩道橋=2/8撮影

 都市計画道路世田谷町田線の拡幅に合せて行われている「柿生歩道橋」架け替え工事で、完了が3月上旬になることが分かった。道路を管理する川崎市北部都市基盤整備事務所は「予定通りに工事を進め、3月上旬には利用を開始したい」と話している。

 都市計画道路世田谷町田線を挟み、柿生駅と柿生小学校の間に位置する「柿生歩道橋」。当初は昨年秋に完成する予定だったが、工事を進める中で、杭を設置する場所が麻生川の旧護岸と重なってしまったため、工法変更を余儀なくされた。工法を見直し、使用する機材なども変更したため工期が約半年延期されることになった。「掘り返してみたら、麻生川の旧護岸が露出。とても固いため、予定の工法では杭を打ち込むことができず、使用する機材なども再選定した」と担当者は話す。

 完成間近の歩道橋は、道路の拡幅に伴い、上り下りする階段部分も変更になる。スロープなどはこれまでと同じく設置されない。歩道橋が通行止めになっているため、柿生駅側と片平などを行き来する歩行者や、通学路として使用していた柿生小学校の児童は信号などを利用している。「しっかり工事を行い、3月上旬には利用できるようにしたい」と同事務所。

 歩道橋周辺の歩道は今後も工事が続き、柿生交差点周辺も整備が行われる。

麻生区版のトップニュース最新6

活動の場広げ20年

芸術のまちコンサート

活動の場広げ20年 文化

来月で演奏会145回目

11月20日号

操縦士 昼夜2人体制へ

川崎市消防ヘリ

操縦士 昼夜2人体制へ 社会

国基準、段階的に増員

11月20日号

読響と協力しコンサート

はるひ野町内会

読響と協力しコンサート コミュニティ社会

会場とオンラインで初開催

11月13日号

年内にワイン醸造開始

農業法人カルナエスト

年内にワイン醸造開始 経済

特区認定受け、免許取得

11月13日号

黒板アートで全国1位

金程中美術部

黒板アートで全国1位 文化

同校から2年連続

11月6日号

在籍者10年で1.5倍

市立小中特別支援学級

在籍者10年で1.5倍 教育

教員数の確保に課題

11月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク