麻生区版 掲載号:2020年3月13日号 エリアトップへ

小田急線ダイヤ改正 多摩線の利便性向上へ あす14日から

社会

掲載号:2020年3月13日号

  • LINE
  • hatena
輸送力強化を図る新百合ヶ丘駅
輸送力強化を図る新百合ヶ丘駅

 小田急電鉄株式(本社:東京都新宿区/星野晃司社長)は、あす3月14日(土)に小田急線のダイヤ改正を行う。新百合ヶ丘駅では朝の通勤ラッシュ時に唐木田行の急行が増発や、平日朝の各駅停車の10両編成化など、混雑緩和・定時性向上を図ったダイヤ改正となる。

 今回のダイヤ改正では、新百合ヶ丘駅を午後1時から午後4時8分までに到着する「新宿〜唐木田」間の急行が新百合ヶ丘駅で種別変更され、多摩線内は各駅停車で運行される。これにより多摩線の利便性向上を図る。また新宿駅を午後10時43分に発車する急行唐木田行き以降の多摩線直通急行を、新宿駅からの多摩線各駅への乗り換え利便を向上させるため、新百合ヶ丘駅で各駅停車に種別変更する。

 また朝のラッシュ時の多摩線への集中混雑区間に、新百合ヶ丘始発の急行を増発する(午前7時37分発)。

 新百合ヶ丘駅では小田原・江ノ島方面の定時性を高めるために多摩線ホームの活用を行ってきたが、今回の改訂で活用する時間帯を前倒しで行う。これまで急行などは午後6時32分からからだったが改定後は6時12分から、特急ロマンスカーは6時42分から40分前倒しされ6時2分から開始する。

 ほかに朝のラッシュ時に各駅停車の10両編成が導入される。新宿駅へ午前7時55分〜8時35分に到着する各駅停車はすべて10両編成となり、現行1本だった10両編成が改定後は5本に増え、輸送力増強による混雑緩和を図る。また小田急線全体としては小田原・箱根湯本方面への特急ロマンスカーが増発される。

麻生区版のトップニュース最新6

活動の場広げ20年

芸術のまちコンサート

活動の場広げ20年 文化

来月で演奏会145回目

11月20日号

操縦士 昼夜2人体制へ

川崎市消防ヘリ

操縦士 昼夜2人体制へ 社会

国基準、段階的に増員

11月20日号

読響と協力しコンサート

はるひ野町内会

読響と協力しコンサート コミュニティ社会

会場とオンラインで初開催

11月13日号

年内にワイン醸造開始

農業法人カルナエスト

年内にワイン醸造開始 経済

特区認定受け、免許取得

11月13日号

黒板アートで全国1位

金程中美術部

黒板アートで全国1位 文化

同校から2年連続

11月6日号

在籍者10年で1.5倍

市立小中特別支援学級

在籍者10年で1.5倍 教育

教員数の確保に課題

11月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク