麻生区版 掲載号:2020年3月20日号 エリアトップへ

区民会議発市民団体 親子向け行事ガイド完成 魅力知り「ふるさと」感じて

教育

掲載号:2020年3月20日号

  • LINE
  • hatena
「ホームタウンプロジェクトあさお」のメンバー
「ホームタウンプロジェクトあさお」のメンバー

 小学1年生から3年生の親子が対象のイベントガイド冊子を、区民会議参加者による市民団体がこのほど完成させた。今年度の麻生区市民提案型協働事業で、団体関係者は「麻生区をふるさとと感じてもらいたい」と話す。

 冊子「知るあさお楽しむあさお」は、B5の4つ折りサイズ。麻生区で開催され親子で参加できる27のイベントが、季節ごとに写真付きで掲載されている。発行部数は8千500部。

 今年度中に区内各小学校の児童を通じて配布予定だったが、新型コロナの影響による一斉休校で配布できず。新年度に各家庭に配布予定だ。

 作成したのは市民団体「ホームタウンプロジェクトあさお」。2016年、17年の区民会議で話しあわれた「麻生区の魅力を発信する冊子作成」を継続させた。代表の菅野明さん(81)は「高齢社会を見据え、子どもを含む若い世代が麻生区に愛着を持ち住み続け”ふるさと”と感じててほしい」ときっかけを話す。

目指したのは「幹」

 昨春に区でプレゼンし協働事業として採択。メンバー6人で5月から取材など作成を進めてきた。目指したのは「木の幹」となるガイドマップ。「親子での参加は一生もの。一緒に参加したことから枝分かれして、他のイベントへの参加やイベント主催者にまわってほしい」と事務局の林恵美さん(65)。紙媒体にしたのは「探している情報以外にも触れられ、親子で一緒に見てもらえる」との思いからだ。

 林さんは「良いものができたと思う。第2号は1号の反響をリサーチしながら、どう内容や見せ方をアップデートしていきたい」と語っている。

麻生区版のトップニュース最新6

「内水」想定区域は市内最小

麻生区内

「内水」想定区域は市内最小 社会

市がマップ配布 準備訴え

3月5日号

歌で復興応援 動画配信

区内歌手MiSAさん

歌で復興応援 動画配信 社会

市CM曲再録 、11日から

3月5日号

実用化へ有償運行開始

しんゆりシャトル

実用化へ有償運行開始 社会

ニーズを検証 5月まで 

2月26日号

「区民会議」刷新 案示す

川崎市

「区民会議」刷新 案示す 社会

2024年度、本格始動へ

2月26日号

食住近接地で完熟イチゴ

【Web限定記事】

食住近接地で完熟イチゴ 社会

昨年オープン 早野の農園

2月19日号

地域防災力向上に貢献

Web限定記事はるひ野町内会

地域防災力向上に貢献 社会

市功労者で表彰

2月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

研修会で詐欺防止へ

研修会で詐欺防止へ

動画上映・講演会も

3月12日~3月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【6】 「鶴見寺尾絵図2」【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    2月26日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク