麻生区版 掲載号:2020年3月27日号 エリアトップへ

星宿山王禅寺 子年だけの観音開帳 12年に一度 4月1日から

文化

掲載号:2020年3月27日号

  • LINE
  • hatena
菩薩像が拝める王禅寺の観音堂
菩薩像が拝める王禅寺の観音堂

 星宿山 「王禅寺」(王禅寺940)で4月1日から5月6日まで「聖観音菩薩像」が開帳される。同寺は現在の横浜市と町田市、川崎市麻生区にまたがる「旧小机領三十三所観音霊場」の第二十二番札所。この三十三霊場では12年に一度子年にだけ尊像が一斉開帳され、巡拝することができる。

江戸時代に開創

 観音が三十三の姿に変えて人々を苦悩から救うと言われることから、三十三霊場を定めて巡拝することが平安時代から行われてきた。江戸時代、泉谷寺(横浜市港北区)の転誉理察上人と、法昌寺(同青葉区)の宗運和尚と朝庵和尚の3人が小机領内の寺を巡って霊場を選定。1732年の子年(享保17年)に三十三所観音霊場が開創。24年後の1756(宝暦6)年には各霊場で一斉に尊像の開帳が行われ、以降は子年ごとに開帳されている。

 明治の頃は3月に行われていたが、現在は4月から5月に開帳されるように。開帳に合わせ、朱印帳(納経帳)や軸が用意される。各霊場には番号が振られているが、順番に巡る必要はない。王禅寺の森光彦副住職は「近いところからまわって大丈夫です。神聖な気持ちでお参りした上で御朱印をいただいてください」と話している。

412年前の菩薩像

 旧小机領三十三所の中で王禅寺は唯一川崎市にある霊場。同寺は真言宗豊山派で、921(延喜21)年に開山。庭には禅寺丸柿の原木が保存されている。

 同寺の「聖観音菩薩像」は、作者は不明だが1608年にできたものだと前回(2008年)開帳時に判明。同寺では毎月17日を「観音様の日」とし観音堂を開扉するが、堂内で本尊を拝めるのは子年の開帳期間だけだ。

 森副住職は「閉塞感が漂うときですが、観音様のご利益をいただくため散歩がてらの参拝も歓迎です。感染症対策はしていただいて、楽しんでください」と話している。

 王禅寺へは、バス停「王禅寺東三丁目」から徒歩3分。車複数台で来る場合は事前に連絡を。問合せは同寺【電話】044・966・5135。

麻生区版のトップニュース最新6

世界挑戦と介護職 両立

川崎新田ジム黒田選手

世界挑戦と介護職 両立 スポーツ

11月、1年半ぶり復帰戦

9月25日号

施行3カ月 効力に課題

川崎市反差別条例

施行3カ月 効力に課題 社会

続く街宣活動、ネット中傷

9月25日号

子どももシニアも「顔見知り」

区市民提案型協働事業

子どももシニアも「顔見知り」 社会

食育通じて世代交流

9月18日号

バスケで挑め「SDGs」

Bリーグ川崎BT

バスケで挑め「SDGs」 社会

市と協定 健康など3本柱

9月18日号

再整備に向け調査開始

北部市場

再整備に向け調査開始 経済

民間アイデア活用へ

9月11日号

標識設置 3割どまり

防災農地

標識設置 3割どまり 社会

市、年間30カ所増で周知へ

9月11日号

あっとほーむデスク

  • 9月11日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月7日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク