麻生区版 掲載号:2020年3月27日号 エリアトップへ

麻生市民交流館やまゆりでワンコイン落語会を開催している 立川 志らぴーさん(本名:片桐 悠吾) 町田市在住 27歳

掲載号:2020年3月27日号

  • LINE
  • hatena

恩返し夢に磨く話芸

 ○…今年1月から月1ペースで市民交流館やまゆりで、入場料ワンコインの落語会を開催。約40人を前に毎回3席演じる中、2席はネタ下ろし。数多く落語を覚えるために始めた勉強の場だが、「お客さんには思った以上の評価をしていただいて」と手ごたえを見せる。「でも目指しているレベルには、まだまだ」。軽妙に語る口ぶりに野心をのぞかせる。

 ○…生まれも育ちも町田市三輪。山形の大学に進学し「想像以上に暇」だった空き時間、ふと、図書館で3代目三遊亭金馬、5代目古今亭志ん生といった名人による落語のCDを借り始めた。「おもしろいな」と思っていたところ、立川談志の「マクラの社会風刺と『芝浜』に涙が出るほど感動」し、落語の魅力にどっぷりと浸かる。社会科の教師になろうかとも考えていたが、大学卒業後に噺家の道へ。「笠碁」の仲直り場面が映画のワンシーンのように見えたという立川志らくに、2016年入門。前座として修業の日々を送る。

 ○…「志らぴー」の名は、動物のオカピに似ていると初高座30分前に師匠から命名。昇進したら改名できるが「笑ってもらえて覚えてもらえる名前なので気に入っています」とどこ吹く風。学生時代からパンクロック、UKロック、ヒップホップといった音楽を聞くのも好き。落語にハマったのも「落語のリズムとメロディの心地よさに惹かれたのだと思う」。

 ○…演じたいのは「たいこ腹」のように調子の良さや滑稽さが特徴の噺。会場のやまゆりスタッフ、落語家になると宣言したとき驚いていた両親、友人と、応援してくれる人がいる。「売れることが一番の恩返し。千人規模の大きな会場で演じられたら」。周囲の期待に応えるためにも、一日一日、芸を磨く。

麻生区版の人物風土記最新6

藤本 智美(としみ)さん

「かわさきマイスター」に今年度認定された「エチエンヌ」オーナーシェフの

藤本 智美(としみ)さん

岡上在住 49歳

1月15日号

新井 文人さん

川崎青年会議所の第71代理事長に就任した

新井 文人さん

川崎区渡田山王町在住 36歳

1月8日号

今井 雄也さん

市民団体「あさおのSDGs」代表を務める

今井 雄也さん

上麻生在住 43歳

1月1日号

小野 さくらさん

災害時地域ネットワークづくりを進める「まごころキッチンプロジェクト」の代表を務める

小野 さくらさん

千代ヶ丘在住 44歳

12月4日号

小林 亜希子さん

麻生区内をはじめ全国で活躍する二胡奏者の

小林 亜希子さん

万福寺在住 

11月27日号

脇坂(わきざか) 泰斗さん

川崎フロンターレMFで背番号「8」を付けてプレーする

脇坂(わきざか) 泰斗さん

横浜市青葉区在住 25歳

11月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク