麻生区版 掲載号:2020年6月12日号 エリアトップへ

黒川野外活動センター 手作り風呂が完成 古民家の実物を再利用

教育

掲載号:2020年6月12日号

  • LINE
  • hatena
完成した五右衛門風呂=写真上=と「大人もゆったり入れます」と野口所長(右)
完成した五右衛門風呂=写真上=と「大人もゆったり入れます」と野口所長(右)

 新型コロナ感染症のため休館していた黒川青少年野外活動センター(野口透所長)に、新しい施設「五右衛門風呂」がお目見えした。休館期間を利用して同センターの職員らが制作したもので、”新しい生活”の中で、公共施設も様々な工夫を凝らして感染防止を実践しながら、新たなサービスの提供を構築している。

 緊急事態宣言が解除されたのを受け、6月から受け入れを開始した同センター。新設した五右衛門風呂は2つで、山形県の古民家で実際に使われていたものを再利用した。作業は5月15日ごろから開始し、10日ほどかけて釜や土台などを制作。竹の塀も設置した。

 センターを再開しても、感染防止のためにできる活動が制約されるという。人気の流しそうめんも新たなルールが必要で、野口所長は「子どもたちにアレもコレもダメではかわいそうだからね。最初から3密を避けられる施設があれば、受け入れられやすいかな」と2つの五右衛門風呂は距離をとって設置した。風呂には「水着で入ってもらいます。子どもたちは水遊び感覚で楽しく使ってもらえれば」と同センター。また、子どもたちが自然の中で楽しく遊べるように竹馬なども職員が制作した。

 同センターの利用は、6月18日(木)までの期間は日帰り利用のみで、19日から宿泊利用を再開する。ただし、利用定員を半数以下の40人に減らして3密をさけて受け入れる。また室内での活動はさけ、屋外での活動を推奨している。「今後の状況で、予定を変更する場合もありますので、ホームページなどを確認してほしい」と野口所長。

麻生区版のトップニュース最新6

子ども視点で「SDGs」推進

子ども視点で「SDGs」推進 教育

市民団体が企画開始

7月23日号

市民と50年、歩み続く

青少年科学館

市民と50年、歩み続く 社会

「子どもへ星空を」原点に

7月23日号

「自己表現のパワー感じて」

ピカソ・カレッジ(古沢)

「自己表現のパワー感じて」 文化

市民館で初の作品展

7月16日号

「1000人合唱」9月に実現

麻生区出身新屋さん

「1000人合唱」9月に実現 文化

会場と動画組み合わせ 

7月16日号

オール岡上ワイン初完成

オール岡上ワイン初完成 経済

区内飲食店で提供へ

7月9日号

7割が着替え男女同室

市立小1、2年生

7割が着替え男女同室 教育

市教委、「現場対応」促進へ

7月9日号

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子どもに伝統文化 継承

子どもに伝統文化 継承

「お箏教室」参加者募集

9月11日~12月18日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter