麻生区版 掲載号:2020年7月17日号 エリアトップへ

川崎市中体連 「中学総体」集大成に 3年生唯一の公式戦 開催へ

スポーツ

掲載号:2020年7月17日号

  • LINE
  • hatena
先月、練習を再開した宮内中学校バレーボール部
先月、練習を再開した宮内中学校バレーボール部

 川崎市中学校体育連盟などは9月から10月に予定されていた「川崎市中学校総合体育大会」を予定通り行うことを決めた。感染症防止のため全国大会や地区予選が中止になる中、市大会が3年生にとって唯一の公式戦になる。同連盟は「コロナで心を痛めている生徒が多い中、全ての思いをぶつける集大成の場にしてほしい」と願いを込める。

 市教育委員会、市立中学校校長会、市中学校体育連盟の3者で検討を重ね7月9日、開催すると発表した。同連盟は「修学旅行との日程調整など今後進めていくが、これまでの成果を発揮してほしい」としている。

 今年は全国中学校体育大会が中止になったため、地区予選などほぼ全ての大会が見送りとなった。部活動も休校中の2カ月間以上は活動できない状況が続き、6月の学校再開以降も、制限の中での活動を強いられているという。

 宮内中学校陸上部顧問の池田龍之介教諭は、「大会がなくなり、3年生は目標がない状態だった。開催が決まり、生徒たちも喜んでいる」と話す。今年の夏休みは2週間と短く、練習は例年通りの時間や量を確保できない状況が続くが、前向きにとらえる生徒も多い。同校男子バレーボール部主将のカズンズ海さんは「昨年11月に市ベスト4。それを上回るため練習してきたが、春も夏も大会は中止。中学最後の大会で上回りたい」と話し、女子バレーボール部の奥谷みみさんは「休校中も皆で集まって練習した。1回戦を突破したい」と抱負を語った。

エリア制も検討

 大会の日程は9月19日〜10月18日。全15種目、17競技で行われ、生徒1万3000人が参加予定。大会スケジュールなどは7月下旬に決まる見通し。例年は全市エリアのトーナメントを実施しているが、感染防止のため競技によっては、区ごとや南北などエリア制も検討されている。

 今年初めての試みとして、各競技の優勝チームには「市長賞」、参加した3年生全員には参加賞が贈られる。

麻生区版のトップニュース最新6

「内水」想定区域は市内最小

麻生区内

「内水」想定区域は市内最小 社会

市がマップ配布 準備訴え

3月5日号

歌で復興応援 動画配信

区内歌手MiSAさん

歌で復興応援 動画配信 社会

市CM曲再録 、11日から

3月5日号

実用化へ有償運行開始

しんゆりシャトル

実用化へ有償運行開始 社会

ニーズを検証 5月まで 

2月26日号

「区民会議」刷新 案示す

川崎市

「区民会議」刷新 案示す 社会

2024年度、本格始動へ

2月26日号

食住近接地で完熟イチゴ

【Web限定記事】

食住近接地で完熟イチゴ 社会

昨年オープン 早野の農園

2月19日号

地域防災力向上に貢献

Web限定記事はるひ野町内会

地域防災力向上に貢献 社会

市功労者で表彰

2月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

研修会で詐欺防止へ

研修会で詐欺防止へ

動画上映・講演会も

3月12日~3月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【6】 「鶴見寺尾絵図2」【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    2月26日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク