麻生区版 掲載号:2020年9月11日号 エリアトップへ

GO!GO!!フロンターレ

掲載号:2020年9月11日号

  • LINE
  • hatena
契約締結のボードを手にするふろん太(左)©川崎フロンターレ
契約締結のボードを手にするふろん太(左)©川崎フロンターレ

ふろん太ウェアに横浜トヨペット広告

 サッカーJ1・川崎フロンターレの公式マスコットキャラクター・ふろん太の着用する衣装にオフィシャルスポンサー「横浜トヨペット」のロゴが入った。マスコットウェアへのスポンサー広告はクラブ史上初。

 同クラブによると、コロナ禍で収入が厳しい状況にある中、「クラブに何か貢献できることはないか」と必死に考えたふろん太が、決死の覚悟で長く付き合いのある横浜トヨペットへ人生初の営業。熱意が伝わり、パンツスポンサー契約が締結されることになった。

 8月29日の清水エスパルス戦で「ふろん太パンツスポンサー契約締結」が発表され、初披露。横浜トヨペットの宮原漢二代表取締役社長は「ふろん太くんの提案は役員からも大好評だった。これからは川崎フロンターレだけでなく、ふろん太くんのことも応援させてもらう。優勝に向けて一緒に応援していこう」とコメント。

 一方、ふろん太は「今はこういう状況だけど、僕がたくさん街に出て、みんなに横浜トヨペットの名前を広げる。おこづかいアップするようにもっともっと頑張ろう。コツコツやって、ケンゴの給料超えたいなぁ」と意気込んでいる。

 ふろん太の営業の様子は同クラブ公式ホームページ(https://www.frontale.co.jp)内YouTubeサイトから。
 

麻生区版のコラム最新6

GO!GO!!フロンターレ

「オール麻生」でアシスト

GO!GO!!フロンターレ

「オール麻生」でアシスト スポーツ

区内有志の応援組織

9月18日号

GO!GO!!フロンターレ

原点の地に、元気と勇気を

GO!GO!!フロンターレ

原点の地に、元気と勇気を

9月18日号

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【3】-3 文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

9月11日号

あっとほーむデスク

  • 9月11日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月7日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク