麻生区版 掲載号:2020年11月13日号 エリアトップへ

麻生区合唱連盟理事を務めるなど区内で合唱活動に尽力する 今井 祐之(ゆうと)さん 上麻生在住 31歳

掲載号:2020年11月13日号

  • LINE
  • hatena

音楽は心のビタミン

 ○…麻生区のほか東京、神奈川を中心に約10団体で合唱の指揮・指導を行っている。新型コロナの影響で活動が制限されたときもあるが、最近はマスクをして練習を継続している。「こういう時だからこそ、文化の大切さを改めて知った。合唱のない生活がどんなにつまらないか」と実感したという。

 ○…音楽との出会いは、小学生のときに習ったピアノ。「あまり興味がなかったかな」と振りかえる。柿生中で吹奏楽部に入部するも「女子が多くて、ちょっと肩身が狭かった」と笑い、同時に学生有志の「昼休み合唱団」に入った。男の先輩が多く、ここで合唱の楽しさと一緒に、出会いの面白さを体験した。音楽室にあるCDをすべて聞き、それまで分からなかった合唱の奥深さを知った。

 ○…歌うだけでなく、指揮することの魅力を感じたのは県立多摩高時代。「一つのパートを担当するより、全体を把握して、合唱を作り上げていく、その作業は本当に楽しい」と目を輝かせる。ハンガリー、チェコを巡った海外演奏旅行では、教会で披露する機会があった。石づくりの建築物の中での奏でる音は、日本と全く違うこと知った。「各地で生まれた文化は、こういう背景でそれぞれ特徴があるんだと驚いた」と話す。

 ○…大学院卒業後は、本格的に指揮・指導の活動の輪を広げる。「音楽は心のビタミン。そう思えるような指導ができたら」。気分転換は旅行。曲の背景に関連した地を訪れ、曲の理解を広げていく。「実際に曲ができた場所に行くと新たな発見がある」という。今行きたいのは潜伏キリシタンを調べに長崎・五島列島。そしてJ-POPも興味の対象。「曲作りが違うので、とても面白い」と興味は尽きない。

麻生区版の人物風土記最新6

飯塚 宏司さん

麻生警察署の署長に就任した

飯塚 宏司さん

千代ヶ丘在住 55歳

4月9日号

安藤 圭太さん

若手農家グループ「畑から台所へ。」のメンバーでイチゴ農園「スローファーム」を営む

安藤 圭太さん

片平在住 34歳

4月2日号

佐々木 直子さん

4月1日に区役所等で配布される「まちのひろば」の編集を手掛けた

佐々木 直子さん

千代ヶ丘在住 60歳

3月26日号

北村 清士さん

ヨネッティー王禅寺でパステル画教室の講師を30年務める

北村 清士さん

宮前区在住 83歳

3月19日号

秋元 茂さん

プロの写真家として、しんゆり交流空間リリオスで写真教室の講師を務める

秋元 茂さん

高石在住

3月12日号

築野 俊雄さん

【Web限定記事】あさお謡曲研究会 夕べの会の代表を務める

築野 俊雄さん

片平在住 71歳

3月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

黒川で「ピザ焼き体験」

黒川で「ピザ焼き体験」

GWに野外活動センターで

5月3日~5月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク