麻生区版 掲載号:2020年11月27日号 エリアトップへ

麻生区内をはじめ全国で活躍する二胡奏者の 小林 亜希子さん 万福寺在住 

掲載号:2020年11月27日号

  • LINE
  • hatena

優しく心癒す音色を

 ○…中国の伝統楽器、二胡の奏者として日本各地で演奏の幅を広げる。13年暮らす麻生区内での活動も多く、今年はKAWASAKIしんゆり映画祭にゲスト出演。28日にはしんゆり交流空間リリオスで演奏会を開催する。2本の弦を間に挟んだ弓で弾く二胡、その魅力は「やわらかい音色」という。「こんな時代だからこそ、二胡の音色で癒しを届けられたら」と優しい笑みを浮かべる。

 ○…3歳からピアノを始め、「やるとなったらとことんやる」性格で、音大進学を目指し練習漬けの日々を送った。主婦になってからはバイオリンを経験。中国をはじめ世界の王朝ドラマを好きで見るうちに、民俗学的な音楽に興味を抱くように。働きながら、独特の音色に魅了された二胡を始めた。とことんやる性格も作用し、万里の長城杯国際音楽コンクールで入賞。脱サラし、奏者としての道を歩み始めた。

 ○…会社員時代は設計会社やリフォーム会社に所属し、設計やインテリアコーディネートなどを担当。全国でカラーセミナーも行い、「その時についた企画力が演奏会にも生かされている」と明るく話す。仕事を辞めるときは葛藤もあったが、「自分の手によるクリエイティブなことで社会貢献したい」と新しい挑戦を決意した。

 ○…現代二胡のパイオニア的存在、ウェイウェイ・ウー認定講師講座を修了し、区内で大人向けの二胡教室を主宰。人生100年時代、「人生を豊かにするための居場所にしたい」と、緩やかに楽しめるレッスンを展開する。二胡は人の声に一番近いといわれる楽器。観客の年齢層や環境、依頼者が求めていることにあわせた演奏を心がけながら、「技術だけではなく、優しく、心をゆさぶる音色を届ける奏者でいたい」。

麻生区版の人物風土記最新6

藤本 智美(としみ)さん

「かわさきマイスター」に今年度認定された「エチエンヌ」オーナーシェフの

藤本 智美(としみ)さん

岡上在住 49歳

1月15日号

新井 文人さん

川崎青年会議所の第71代理事長に就任した

新井 文人さん

川崎区渡田山王町在住 36歳

1月8日号

今井 雄也さん

市民団体「あさおのSDGs」代表を務める

今井 雄也さん

上麻生在住 43歳

1月1日号

小野 さくらさん

災害時地域ネットワークづくりを進める「まごころキッチンプロジェクト」の代表を務める

小野 さくらさん

千代ヶ丘在住 44歳

12月4日号

小林 亜希子さん

麻生区内をはじめ全国で活躍する二胡奏者の

小林 亜希子さん

万福寺在住 

11月27日号

脇坂(わきざか) 泰斗さん

川崎フロンターレMFで背番号「8」を付けてプレーする

脇坂(わきざか) 泰斗さん

横浜市青葉区在住 25歳

11月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク