麻生区版 掲載号:2020年11月27日号 エリアトップへ

区内に出現「白い」カラス 飼われていた鳥逃げたか

社会

掲載号:2020年11月27日号

  • LINE
  • hatena
胸元の白い「カッコー」(20日撮影)右手前の入れ物は長辺約15センチ
胸元の白い「カッコー」(20日撮影)右手前の入れ物は長辺約15センチ

 「胸元が白いカラス」が麻生区内の複数地域で目撃されている。東百合丘の関口達雄さん(78)の持ち家ほか、2月にも高石で目撃情報が寄せられている。一体どんな種類の鳥なのか、その謎に迫った。

 「白いカラス」が関口さん宅に現れたのは今年6月下旬。体長は真っ黒なカラスと同じほどだ。関口さんによるとこの鳥は1日3回、午前6時頃と、午後2時から3時の間、日が暮れる前後にやってくるという。今月20日の午後3時頃、実際に関口さん宅で待っていると、くちばしから足まで黒く、首下と胸元が白い鳥が空から降りてきた。

 何の鳥なのか、川崎市夢見ヶ崎動物公園(幸区)に写真を見せて尋ねてみた。同園担当者は「飼育実績がないため断定はできないが、おそらく飼われていた『ムナジロガラス』が逃げ出したのだろう」と推測する。

 「ムナジロガラス」は、アフリカ大陸に広く分布。国内ではカラスをはじめ野生鳥獣は法律により捕獲や飼育することは禁止されているが、ムナジロガラスはペットショップでも販売されている。

 出現し始めた頃はそばにも来なかったが、5カ月たった今では、関口さんが「カッコー」と呼ぶと、バサバサっと羽ばたかせてすぐにこの鳥が姿を見せることも。関口さんは「お腹が空いたら降りてくるんだ」と、親しみを抱いている。
 

麻生区版のローカルニュース最新6

市内の公道走行中止

聖火リレー

市内の公道走行中止 社会

代替えに点火セレモニー

6月18日号

小学生記者を募集

小学生記者を募集 社会

8月にパン店取材

6月18日号

呼びかけに79人献血

呼びかけに79人献血 社会

白百合LC(ライオンズクラブ)新ゆり駅前で

6月18日号

若手落語家5人会

若手落語家5人会 文化

7月 柳亭市若さんら

6月18日号

やまゆりでパソコン講習

やまゆりでパソコン講習 社会

資料・表作成学ぶ6回

6月18日号

マスクケースを制作

5月開催

マスクケースを制作 社会

川崎競馬場×studio FLAT

6月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

みんなで一緒に歌を

みんなで一緒に歌を

FAiCOミニコンサート

6月25日~6月25日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter