麻生区版 掲載号:2020年11月27日号 エリアトップへ

麻生区内勤務ボクサー 白崎選手、プロ初勝利 日中は「じゅんき先生」

スポーツ

掲載号:2020年11月27日号

  • LINE
  • hatena
週4日勤務し子どもに運動を教える
週4日勤務し子どもに運動を教える

 上麻生の児童発達支援事業所「てくむの森」に勤務する白崎(しらさき)隼樹(じゅんき)選手(28)=多摩区・川崎新田ボクシングジム=が、今月13日に東京・後楽園ホールで行われたプロデビュー戦を白星で飾った。ボクサーと「先生」の両立で、夢の日本タイトルへの一歩を叶えた。

 白崎選手はアマチュアで33勝25敗の実績を持ち、元・全日本アマチュア5位。今年10月にプロテストに合格し、同ジム主催興行でデビュー戦を迎えた。スーパーライト級で大峯優真選手=ワタナベ=を3対0の判定勝ちで下した。「試合直前は緊張したけれど、やっとプロデビューというワクワク感が大きかった」と振り返る白崎選手。「プレッシャーもあったが、1戦目を勝ててホッとしている。このご時世、試合ができたことも幸運」と語る。

一度辞め、再びリングへ

 高校からボクシングを始め、日本体育大学に進学するも「大学で辞める予定だった」と卒業後は地元、福井県で就職した。2018年の福井国体を契機に、周囲の後押しもあって競技に復帰。働きながら練習を続け、国体ではベスト8に。1年悩み、プロとして活躍するため今春上京した。

 会社員経験があるからこそ、上京時から正社員で働きながら練習をする道を模索していた。そんな折、アスリートの雇用を支援する川崎市の「働き方改革モデル事業」をジム側から提案された。大学時代に取得した中高体育の教員免許を生かし、柿の実幼稚園(上麻生)系列の「てくむの森」に就職。日中は発達障害のある未就学児の療育として運動を教える「じゅんき先生」だ。

 現在週4日勤務し、夜は練習に打ち込む日々を送る。教育現場での仕事は初めてだが「子どもたちと接するのは楽しい」と笑顔を見せる。

 同事業所の小島澄人代表は「夢をあきらめない姿は応援したくなる。園では、フットワークなど体の使い方も教えてもらっている。まじめな性格で園でも人気者。地道に頑張って、ぜひ夢を現実のものにしてほしい」と応援している。

 デビュー戦には同僚が試合会場に来てくれたり、同園系列のカフェでライブ中継が行われ、職員や保護者が応援してくれた。「ボクサー一本で食べていくのは難しいので、職場の理解は本当にありがたい」と白崎選手は感謝を表す。

 今後、ボクサーとしての夢は「日本タイトルをとり、いずれは世界へ」。仕事では「子どもたちに向けボクササイズを取り入れたい」と語る。出身地と名前をもとに同ジムの新田渉世会長がつけたニックネームは「越前のハヤブサ」。飛ぶ鳥を落とす勢いで、夢に向かって二刀流で突き進む。
 

デビュー戦でパンチを打つ白崎選手(C)山口裕朗
デビュー戦でパンチを打つ白崎選手(C)山口裕朗

麻生区版のトップニュース最新6

見守り活動冊子発行

三井百合丘第二自治会

見守り活動冊子発行 社会

田調大と連携し独自活動

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

同機種無線使い連携

4自治会・町内会

同機種無線使い連携 社会

災害時の情報共有ねらい

1月8日号

活力あるまちづくりを

新春インタビュー

活力あるまちづくりを 社会

多田区長、2021年を語る

1月8日号

麻生に残る牛の歴史

丑年企画

麻生に残る牛の歴史 文化

蘇を作り朝廷へ

1月1日号

「利他」の心 好循環へ

「利他」の心 好循環へ 社会

福田市長、2021年を語る

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク