麻生区版 掲載号:2020年12月11日号 エリアトップへ

戦争経た幼少の記憶、詩に 高石在住 高橋さん

社会

掲載号:2020年12月11日号

  • LINE
  • hatena

 戦時中や終戦後の記憶と思いを綴った『詩集 九条川』(土曜美術社出版販売)を、高石在住の高橋嬉文さんが11月末に出版した=写真。

 高橋さんは国民学校1年生で終戦を迎えたが、多くの同級生が父親を戦争で失った。戦争を知る世代が少なくなるなか、「多大な犠牲の反省の上に武力を持たず、戦争の放棄を決めた憲法九条が作られた。右傾化する政治に危機感を覚え、戦後生まれの人に読んでほしいと本にした」と語る。

 何十年も心の中にあったものをまとめた詩。その一つ「お父さんは」は戦地へ行った父を思う、斎藤信夫作詞『里の秋』の歌詞と、当時の同級生らに寄せた思いを書き添えたもの。小学校でよく歌ったが、父を亡くした同級生たちはどんな思いで歌っていたか。戦死した父親たちの年齢は5人の子がいる42歳、2人の子がいる33歳など。「大人になるとこみ上げてきて歌えない」という。

 この他、戦時中最大の言論弾圧とされる横浜事件で連座した、晩年の藤田親昌氏に詩を直してもらった経験も記される。「この本も当時なら捕まり拷問を受けたかも。今は言論の自由もあるが、政治的発言をしづらくなっており言論の封殺が始まっていると感じる」と警鐘をならす。1冊税別1500円。書店で取次、又は高橋さんが営む青葉区のギャラリーコンティーナ【電話】045・508・9487で購入可。

育児・家事の両立OK!

第一生命 鶴川営業オフィス(☎050-3782-2910 担当:宮川)

https://dai-ichi-life-career.jp/outline/index.html

<PR>

麻生区版のローカルニュース最新6

SDGs制度398者に

SDGs制度398者に 経済

市パートナー、第2回で

9月24日号

亡き母の「手まり」希望者に

亡き母の「手まり」希望者に 社会

千代ヶ丘の女性 呼びかけ

9月24日号

唯一の写真フレームを

唯一の写真フレームを 文化

10月9日 片平会館でWS(ワークショップ)

9月24日号

衣装でイベント下支え

川崎フロンターレ応援特集

衣装でイベント下支え スポーツ

クラブ公認ボランティア

9月24日号

「結果で川崎に恩返しを」

川崎フロンターレ応援特集

「結果で川崎に恩返しを」 スポーツ

DF 山根視来選手

9月24日号

「パンダコパンダ」上映

「パンダコパンダ」上映 社会

10月10日 映画祭一環で

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

2曲の民族舞踊を体験

2曲の民族舞踊を体験

10月5日から 麻生市民館で

10月1日~11月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook