麻生区版 掲載号:2020年12月25日号 エリアトップへ

禅寺丸柿ワイン 酷暑経て1千本完成 保存会、製造続け24年

経済

掲載号:2020年12月25日号

  • LINE
  • hatena
福田市長(中央)にワインを渡す飯草会長(左から2人目)ら
福田市長(中央)にワインを渡す飯草会長(左から2人目)ら

 今年収穫した禅寺丸柿で作られた「柿生禅寺丸柿ワイン」が1000本完成した。例年どおりであれば収穫量が多くなる年だが、酷暑で実が大量に生理落下。収穫量の確保が困難だったが、昨年と同数を製造した。

 禅寺丸柿は鎌倉時代に王禅寺で発見されたとされ、明治時代の末には生産数は最盛期を迎えた。1995年には禅寺丸柿の保存を目的に、地元有志による「柿生禅寺丸柿保存会(飯草康男会長)」が結成。学校や公園への植樹、禅寺丸柿のもぎ取り体験などを実施している。

 農産加工品の「柿生禅寺丸柿ワイン」は1996年から、同保存会が毎年製造、販売を続けている。禅寺丸柿の収穫量は1年おきに多くなるといい、収穫の多い年は「表の年」と呼ばれている。今年は「7月まで順調に育っていた」と飯草会長。しかし梅雨明け後の酷暑が原因で、多くの実が生理落下。飯草会長は「多いときは1日に500個落ちてしまった」と振り返る。同じ「表の年」だった一昨年は5500キロの大豊作。一方で、今年収穫できたのは890キロ。1000本の製造にこぎつけた。

 今月18日には市役所で福田紀彦川崎市長に今年のワインを贈呈。試飲した福田市長は「フレッシュ感もあるが、例年よりも甘みがあるように感じる」と講評した。

 飯草会長は「ギフトとしても使ってほしい」と語る。来年については「実が落ちるのが早かったぶん、実がつきやすいはず。暑さに耐えられれば収穫量が期待できるかもしれない」と話す。

 「柿ワイン」は1本720ミリで1800円(税込)。川崎小売酒販組合加盟店、セレサモスで販売。

麻生区版のトップニュース最新6

見守り活動冊子発行

三井百合丘第二自治会

見守り活動冊子発行 社会

田調大と連携し独自活動

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

同機種無線使い連携

4自治会・町内会

同機種無線使い連携 社会

災害時の情報共有ねらい

1月8日号

活力あるまちづくりを

新春インタビュー

活力あるまちづくりを 社会

多田区長、2021年を語る

1月8日号

麻生に残る牛の歴史

丑年企画

麻生に残る牛の歴史 文化

蘇を作り朝廷へ

1月1日号

「利他」の心 好循環へ

「利他」の心 好循環へ 社会

福田市長、2021年を語る

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク