麻生区版 掲載号:2021年1月22日号 エリアトップへ

ダルマ市 百年超の風物詩も断念 関係者「苦渋の決断」

文化

掲載号:2021年1月22日号

  • LINE
  • hatena
例年、だるまを求め多くの人が来場(過去の様子)
例年、だるまを求め多くの人が来場(過去の様子)

 麻生不動院(下麻生)で毎年1月28日に開催される「ダルマ市」が、今年は中止されることになった。例年、区内外から多くの来場者でにぎわう催しの中止に、関係者や地元住民からも惜しむ声があがる。

 「ダルマ市」の原形は江戸、明治の頃から立つようになり、本堂が再建された50年ほど前から、現在のようなにぎわいを見せるようになった。多い年には5万人前後が来場。境内や周辺には、神奈川県内や関東のだるま販売店をはじめ、農機具や飲食の露店も並ぶ。

 今年は規模を縮小して開催することを目指し準備を進めていたが、年明けの緊急事態宣言を受けて関係者間で再検討。今月16日に中止を決めた。関係者の一人は「百数十年続くダルマ市の中止は苦渋の決断だが、この状況ではやむを得ない」と肩を落とす。

 区民からも残念がる声が寄せられている。上麻生在住の男性は「中止は驚いたが、毎年周辺が混雑することもあり、仕方ないと思う」と話す。

露天商による販売が最初

 不動尊は「火伏せの不動」と言われ、火の災害から人を守ると信仰されてきた。不動院の縁日、1月28日にだるまが販売されるようになったのは露天商の影響がある。柿生郷土史料館(上麻生)の機関誌「柿生文化」第92号によると「明治37年(1904)、当時町田能ヶ谷の露天商池田巳之吉が北多摩郡の村山から『だるま』を仕入れ商ったのが最初」という。巳之吉は王禅寺の露天商組合「揚屋一家」の一員で、同第124号には、「揚屋一家」が不動院の沿道を賑わす露天の店を差配していたと記されている。

麻生区版のトップニュース最新6

食住近接地で完熟イチゴ

【Web限定記事】

食住近接地で完熟イチゴ 社会

昨年オープン 早野の農園

2月19日号

地域防災力向上に貢献

Web限定記事はるひ野町内会

地域防災力向上に貢献 社会

市功労者で表彰

2月19日号

オンラインで初開催

区総合防災訓練

オンラインで初開催 コミュニティ社会

学習コンテンツなど発信

2月12日号

コロナ対策に217億円

川崎市予算案

コロナ対策に217億円 社会

追加予算見据え、経営支援

2月12日号

先代の絵に思い託す

一本松工業

先代の絵に思い託す 社会

出品収益を市コロナ対応に

2月5日号

「危険な塀」 撤去進まず

川崎市内通学路

「危険な塀」 撤去進まず 社会

市、助成継続で促進へ

2月5日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク