麻生区版 掲載号:2021年1月29日号 エリアトップへ

和光大学 鷹匠による鳥害対策 環境負荷を考慮し実施

社会

掲載号:2021年1月29日号

  • LINE
  • hatena
キャンパス内でタカを放つ=1/25撮影
キャンパス内でタカを放つ=1/25撮影

 岡上にある和光大学では、鳥害を防ごうと今月からタカを使った駆除を行っている。キャンパスには数年前からカラス、ハトが増え、止まりそうな場所にはネットをかけるなどしたが、効果がなく対応に苦慮していた。

 「カラスが目立つようになったのは2014年ごろ」と話すのは総務企画部事業室係長の平野雅規さん。ハトはそれ以前からも多く、「ハトはフン害もあり、カラスが飛び交うキャンパスは学生にとってよくない」と、巣の撤去や、校舎のベランダのひさし裏など、止まりそうな場所にネットを設置するなど対策を実施。明らかな効果はなかった。

 状況が変わったのは、新型コロナ感染防止のため、オンライン授業が続いた昨年の夏。学生がいないキャンパスには、カラスが我が物顔で歩く姿が見られ、同大では対策を再検討。学生が勉強する場所を考慮し、美観を汚すネットやワナの設置や忌避剤の散布などではなく、環境に負荷をかけない方法として、タカによる駆除が選ばれた。

 鷹匠による対策は、カラスの営巣、子育てが始まる前の今年1月から開始。昨夏に現場を確認した鷹匠の江頭千景さん((株)グリーンフィールド=本社大阪)は、「カラスは人が近づいても逃げることなく、ハトの巣の下はフンがたまっている状況だった」と話す。週1回の割合でタカを放ち、現在では「敷地内を闊歩するような状況はなくなったが、フン害はまだある」と平野さん。

 江頭さんは「鳥たちはタカが怖くて身を隠している状態。地域で生ごみの管理などエサになるものを出さない環境を作るのも鳥害を防ぐ方法の一つ」と話し、地域の継続的な対策を提案する。同大は、学生の学ぶ場として快適な環境を築きたいとしている。

麻生区版のトップニュース最新6

待機児童、2年連続ゼロ

川崎市

待機児童、2年連続ゼロ 社会

保留は4年連続減少

5月27日号

麻生から「裸足」文化を

東百合丘在住ロブさん

麻生から「裸足」文化を 社会

アートパークスで交流会

5月27日号

特設サイトで事業PR

区制40周年

特設サイトで事業PR 社会

イベント概要を順次発信

5月20日号

麻生区の充足率、8割弱

民生委員児童委員

麻生区の充足率、8割弱 社会

12月の改選へ、広報強化

5月20日号

自治会用SNSを試行

川崎市・小田急電鉄

自治会用SNSを試行 コミュニティ社会

区内5団体 10月末まで

5月13日号

区内医師「意識変化に期待」

不妊治療保険適用拡大

区内医師「意識変化に期待」 社会

4月から 専門家への相談増

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民館に集結 成果発表

市民館に集結 成果発表

6月3日から「サークル祭」

6月3日~6月8日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook