麻生区版 掲載号:2021年3月19日号 エリアトップへ

地元有志2人 手製ガウンで医療支援 約200枚 訪看ST(ステーション)に寄贈

社会

掲載号:2021年3月19日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナの影響で物資が不足する医療・看護の現場を支援しようと井関陽子さん(84)=西生田在住=、芦川ゑみ子さん(73)=高石在住=は3月10日、高石地域包括支援センターを訪れ、手作りのガウン約200枚を寄贈した。ガウンは4月に同センターから神奈川県訪問看護ステーション協議会川崎ブロックに手渡され、各事業所に配布される予定だ。

 新型コロナの感染拡大に伴い、店頭からマスクが激減した昨春。高石地域包括支援センターは、マスクが必要な人と、作る人をつなげる「手作りマスクプロジェクト」を立ち上げた。そのプロジェクトに参加していた井関さんと芦川さん。井関さんが、かかりつけの歯科医院で、訪問診療の際に使うガウンが足りないという話を聞き、ガウンづくりに賛同してくれた芦川さんと昨年6月頃から2人でガウンづくりを始めた。

 使用するのはナイロンの袋。70リットルの袋を、首、肩が入れられるように裁断。袖には、20リットルの袋を用い、裁断した袋にテープで貼り合わせて完成。当初は、インターネットを参考に作成していたが、井関さんが通う歯科医院のアドバイスを受けて改良。かがんだ時に、はだけないよう背中を開けて作っているのが特徴だという。

 今回、作りためた約200枚を同センターを通じて県訪問看護ステーション協議会川崎ブロックに寄贈。同協議会川崎ブロック代表の佐々木直美さんは「徐々に不足は解消しつつるあるが、ありがたい。現場で使用していきたい」と感謝の言葉を述べる。

 井関さんは「コロナで外出できず、気が滅入っていた。何か役に立つものをと作った。喜んでもらえてうれしい」と話す。芦川さんも「いらないと言われるまで作り続けたい。一緒に活動してくれる人が増えてくれれば」と話していた。

麻生区版のトップニュース最新6

海洋汚染訴え全国特別賞

市立長沢中平野さん

海洋汚染訴え全国特別賞 教育

ポスターコンクールで

1月28日号

都市緑化フェア川崎で

市制100周年

都市緑化フェア川崎で 社会

正式決定 主会場に3大公園

1月28日号

文科大臣表彰を受賞

アンサンブル麻生

文科大臣表彰を受賞 社会

障害者の学習支援が評価

1月21日号

認知症対応の5店表彰

麻生区

認知症対応の5店表彰 社会

詳細を動画で公開

1月21日号

過去5年で最少

区内火災件数

過去5年で最少 社会

救急は前年比221件増

1月14日号

「農家の暮らし」を本に

区内シニア有志

「農家の暮らし」を本に 社会

中山会長「若い世代へ」

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

講演会「認知症に備える」

講演会「認知症に備える」

2月12日 麻生区市民館で

2月12日~2月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook