麻生区版 掲載号:2021年3月26日号 エリアトップへ

地名由来の「柿」を植樹 保存会、柿生中と区役所に

社会

掲載号:2021年3月26日号

  • LINE
  • hatena
植樹した木を囲む飯草会長(右から2人目)ら保存会のメンバーと、山口さん(左から3人目)ら柿生中生徒
植樹した木を囲む飯草会長(右から2人目)ら保存会のメンバーと、山口さん(左から3人目)ら柿生中生徒

 麻生区の木で「柿生」の由来とされる「禅寺丸柿」の植樹が、18日に市立柿生中学校(田中眞砂美校長)で行われた。

 禅寺丸柿は13世紀に王禅寺の山中で発見されたとされる、国の登録記念物。植樹を行ったのは柿生禅寺丸柿保存会(飯草康男会長)。同会は地元有志により25年前に結成し、禅寺丸柿のもぎとり体験や柿ワインの製造、販売、区内小中学校での植樹などを行っている。

 同校では10年前の新校舎落成時に禅寺丸柿が植えられたが枯れてしまったため、新たに植樹する企画が昨年から進められてきた。現在「柿生」の地名はなく、残るのは駅名と小中学校名。田中校長は「柿生の名がある中学に植えてほしいとお願いしていた」と話す。

 当日、飯草会長をはじめ、同会から参加した3人は全員が柿生中出身。同校生徒会の3人も加わり、先輩後輩で協力して正面玄関前の植え込みに苗木1本が植えられた。生徒会長の山口真央さん(2年)は「自分たちの代で禅寺丸柿が戻ってきてうれしい。育っていくのを見ていきたい」と笑顔を見せた。飯草会長は「早ければ2、3年で実がなる。生徒たちには卒業しても見に来てほしい」と語った。

区からは感謝状も

 同日、一昨年に植えるも倒れたため木を撤去していた区役所広場にも、同会は新しく植樹。地域資源の保全に貢献したとして多田貴栄区長から同会に感謝状が渡された。

感謝状を手にする保存会メンバー(右)
感謝状を手にする保存会メンバー(右)

麻生区版のローカルニュース最新6

シャンソンの魅力発信

シャンソンの魅力発信 文化

6月9日 30周年記念発表会

5月14日号

就職・転職・起業で夢 実現

就職・転職・起業で夢 実現 社会

やまゆりで公開講座

5月14日号

しんゆりの日常、アニメに

しんゆりの日常、アニメに 社会

小田急がPR動画公開

5月14日号

キャンプで防災学ぶ

キャンプで防災学ぶ 社会

10組32人が参加

5月14日号

災害に備えて燻(くん)製づくり

災害に備えて燻(くん)製づくり 社会

玉ねぎやトマトも

5月14日号

栗木ジャイアンツに載冠

学童野球

栗木ジャイアンツに載冠 スポーツ

第1回川崎百合丘RC杯

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

  • ワクチン接種 Q&A

    新型コロナウイルス感染症 連載 86

    ワクチン接種 Q&A

    みらい川崎市議会議員団 こば りか子

    5月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

苔玉づくりに挑戦

苔玉づくりに挑戦

6月7日 リリオスで

6月7日~6月7日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」謎の深い前滝口榎下重兼たち【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    5月14日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」謎の深い前滝口榎下重兼たち【1】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    5月7日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter