麻生区版 掲載号:2021年4月16日号 エリアトップへ

コーヒー粕を使って堆肥に 黒川の養鶏場でリサイクル

社会

掲載号:2021年4月16日号

  • LINE
  • hatena

 「有効活用できるものは、環境のためにも活用した方が良いと思って」-。リサイクル堆肥づくりを行っている区内黒川の「市川進養鶏場」の市川雅貴さん(30)は、現在、コーヒーショップで排出されるコーヒーや、お茶の粕と鶏糞を混ぜて堆肥を生成し、それを使って野菜を育てる取り組みを行っている。

 黒川で代々農家を営む市川進養鶏場の市川さん。養鶏場では、鶏糞を発酵させて処理しなければならず、これまで主に家庭で使う堆肥にしていた。2年程前、自身も参加する麻生区の若手農家グループ「畑から台所へ。」の中で、多摩市のコーヒーショップ「タックビーンズ」を営む松崎雄大さんと出会った。

 コーヒー豆を焙煎した際に出るコーヒーの薄皮を有効活用できないかと考えていた松崎さん。以前からリサイクルに興味を持っていた市川さんは、大手飲料メーカーから排出されるコーヒー粕を使って堆肥作りを行っている企業があることを思い出し、コーヒー豆の薄皮やドリップした後のコーヒー粕を定期的に分けてもらうことに。加えて、新百合ヶ丘駅前のカフェからもコーヒーやお茶の粕を分けてもらって堆肥づくりを始めた。

良い土壌の基に

 堆肥づくりは、まずコーヒー粕に剪定枝を混ぜて一次発酵。次に鶏糞を混ぜて2次発酵させ、乾かして完成。生成期間は約2カ月。コーヒー粕を使用することで、脱臭効果が生まれ、野菜づくりに良いとされる微生物のすみかになりやすいという。「化学肥料を使いがちな中で、こうした堆肥を使うことで畑も元気になる。野菜の品質につながっているかは、まだわからないですけど」と効果について話す。

 今後は、黒川周辺に多い竹のチップも混ぜた堆肥を作っていくことも考えている。「コーヒー粕は捨てるのに、お金をかかるし、湿っているものを焼却するには、より燃料を使うことになる。こうしてリサイクルできて、良いものが作れるのであればやっていきたい。地元の人にも知ってもらえれば」。今後も、仲間とともに、リサイクルを取り入れた農業を行っていく予定だ。

麻生区版のローカルニュース最新6

個性の輝き 花で表現

夢絵コンテスト

個性の輝き 花で表現 文化

南百合小・岩野さん 市教委賞

5月7日号

撤回へ県民の力を

日本学術会議任命拒否

撤回へ県民の力を 社会

学者ら、川崎市役所で声明

5月7日号

とんびいけ球場を開放

とんびいけ球場を開放 スポーツ

小学生以下 ボール遊び可

5月7日号

小2生へ 坂本「九九シート」

フロンターレ

小2生へ 坂本「九九シート」 教育

生誕80周年 名前ちなみ作成

5月7日号

体操と歩きで健康に

体操と歩きで健康に 社会

万福寺の公園でイベント

5月7日号

舞台で一緒に合唱を

舞台で一緒に合唱を 文化

高1以上の参加者募集

5月7日号

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • ワクチン接種 Q&A

    新型コロナウイルス感染症 連載 86

    ワクチン接種 Q&A

    みらい川崎市議会議員団 こば りか子

    5月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter