麻生区版 掲載号:2021年4月30日号 エリアトップへ

片平 地域の学び支えた寺 夏(なつ)蒐(かり)山(さん) 修(しゅ)廣(こう)寺(じ)

文化

掲載号:2021年4月30日号

  • LINE
  • hatena
本堂と菅原住職
本堂と菅原住職

 片平の夏蒐山 修廣寺(菅原節(せつ)生(じょう)住職)は1430年頃に開創したと言われる曹洞宗の寺。「夏蒐山」は、源頼朝が軍事訓練などを目的とした「巻狩」を夏にこの辺りでしていたことに由来する。

 明治5年に公布された学制により、その前から寺子屋として活用されていた同寺に公立学校「片平学舎」が開かれた。市立柿生小学校の源流のひとつだ。明治10年頃には、学びを深めたい子どものために高等教育機関「夏蒐共同塾」が置かれ、地元のリーダーを輩出。指導者だった同寺の22代、23代に対する報恩碑が教え子たちによって作られ、仁王門の隣に設置されている。

 26代の菅原住職も長く教員を経験。「教育や学問に縁が深いお寺」とにこやかに笑う。

 現在は写経、座禅を行うほか、コンサートや落語などの会場としても地域に開く同寺。菅原住職は「伝統を引き継ぎながら細く長く地域とつながり、お寺の役割を発展させていきたい」と今後についても語る。

 コロナを機に、散策ついでに立ち寄る人も多くなった。「お寺のマナー、エチケットを守りながらお参りに来てもらえれば」と呼びかける。

12年に1度の「寅薬師」

 本尊は釈迦如来だが、前立として寅年だけに開帳する薬師如来が安置されている。行基作と伝えられる「寅薬師」は、古くから「目の病気が治るようお願いすると治る」といわれてきた。次回の開帳は来年秋を予定。

麻生区版のローカルニュース最新6

7団体が市民館に舞う

7団体が市民館に舞う 文化

事前申込み制

9月17日号

地元野菜普及めざし

JAセレサ川崎

地元野菜普及めざし 文化

CD2500枚 市へ

9月17日号

まちの魅力を「もっと」

麻生と私 第6回 区制40周年プレ企画

まちの魅力を「もっと」 社会

中島健介さん(41才)=万福寺在住

9月17日号

2曲の民族舞踊を体験

2曲の民族舞踊を体験 文化

10月5日から 麻生市民館で

9月17日号

「ありがとう」が活動の源

「ありがとう」が活動の源 社会

地域活動に尽力 平原廣さん

9月17日号

逆転サヨナラで「若葉」優勝

区学童野球

逆転サヨナラで「若葉」優勝 スポーツ

秋季J:COM大会

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

恒例の「二つ目落語会」

恒例の「二つ目落語会」

9月18日 棕櫚亭(西生田)で

9月18日~9月18日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook