麻生区版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

岡上在住荒川さん 通報・撮影 検挙に貢献 麻生署から感謝状

社会

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena
感謝状を手にする荒川さん(右)と飯塚署長
感謝状を手にする荒川さん(右)と飯塚署長

 麻生区岡上で発生した、さい銭の窃盗未遂事件を目撃し、通報したことが被疑者の検挙につながったとして、麻生警察署は4月23日、岡上在住の荒川孝美さん(41)に感謝状を贈呈した。同署によると、区民の通報から検挙につながったケースは珍しいという。

 事件が発生したのは、4月16日。岡上神社のさい銭箱の前で不審な動きをしている男性を、近所に住む荒川さんが発見。さい銭箱の中を棒でつついていたところを、男性に気づかれないように携帯電話で写真を撮影した。撮影に成功したことを確認すると、まず顔見知りの駐在員がいる岡上駐在所に連絡。パトロール中で不在だったため、110番通報した。

 15分程立った後、男性が神社から離れたため、姉の運転する車で男性を探してまわった。「パトカーの音が聞こえていた。警察官が男性を職務質問しているのを見つけた」と荒川さん。そこで警察官に目撃したことを証言、写真も見せたことが奏功し、被疑者の検挙につながった。

「当たり前のことしただけ」

 同署によると、区民からの通報で被疑者の検挙につながったケースは珍しいという。感謝状を手渡した飯塚宏司署長は「捜査に協力いただけてありがたい。身の危険を顧みず、通報、撮影してくれた。駐在が顔の見える関係を気づいてくれていたおかげ。地域の方が警察を支えてくれていると感じた」と荒川さんの功績を称えた。

 荒川さんは「たまたま近所で不審な人を見かけたので、当たり前のことをしただけ。検挙につながって良かった」と当日を振り返りながら、被疑者の検挙につながったことに安堵した。

 同署では「不審者を見かけたら、まずは通報を」と呼びかけている。

麻生区版のトップニュース最新6

「炭循農法」田植えでPR

岡上若手有志チーム

「炭循農法」田植えでPR 社会

初企画「地域盛り上げたい」

6月18日号

2年分の思い込め再開

麻生音楽祭

2年分の思い込め再開 文化

感染対策講じ20日から

6月18日号

町会支援に新補助金

川崎市

町会支援に新補助金 社会

活動後押し 7月導入へ

6月11日号

感染対策で修繕特別賞

グリーンタウンポプラ街区

感染対策で修繕特別賞 社会

業界団体「他の模範になる」

6月11日号

2028年開通目指す

鶴川駅周辺南口道路

2028年開通目指す 社会

川崎・町田 両市が連携

6月4日号

子ども食堂で手芸品配布

地域ボランティア

子ども食堂で手芸品配布 コミュニティ社会

 保護者支援 寄付の布使って 

6月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

みんなで一緒に歌を

みんなで一緒に歌を

FAiCOミニコンサート

6月25日~6月25日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter