麻生区版 掲載号:2021年6月25日号 エリアトップへ

百合丘在住藤田さん 本物の「蛍」子どもたちに 来年の鑑賞会に向け始動

社会

掲載号:2021年6月25日号

  • LINE
  • hatena
蛍の繁殖を行っている藤田さん
蛍の繁殖を行っている藤田さん

 自然豊かな場所で、初夏の夜空に幻想的な光を放つ「蛍」。現在ではその姿を身近で見る機会が少なくなった。「子どもたちに、本物の蛍が飛んでいるのを直接見せてあげたい」--。自宅で蛍の繁殖を行っている百合丘在住の藤田康郎さん(74)は、地元店舗の協力を仰ぎながら、来年に鑑賞会を開催できるように準備を進めている。

今年は200匹

 幼い頃から生き物が好きで、凝り性だったという藤田さん。近隣の弘法の松公園管理運営協議会や、百合丘小学校でヤマユリの植栽などに関わっていた。8年程前に、蛍の繁殖を行っている人を新聞で知り、自分もやってみようと思ったのがきっかけだった。

 市内外で繁殖活動に取り組む人たちから飼育方法を学び、蛍が自生している場所を探して所有者に交渉してメスを確保。自宅の一部屋を使って飼育を始めた。

 始めてみたものの、室温の一定維持や、きれいな水、餌となるカワニナの用意などが難しく、これまでに失敗したことも多々。生育環境に敏感なゲンジボタルの繁殖は難しく断念した。ヘイケボタルは孵化に成功し、毎年飼育。多い時には約500匹繁殖でき、今年も200匹ほどが籠の中で光を灯したという。

「来年を最後に」

 これまでに、数回知り合いのところで鑑賞会を行ったことがあったが、基本的には個人で楽しんでいた。体調を崩し、当初の目標だった繁殖に成功したことから、今年で最後と思っていた藤田さん。「育てたからには、子どもたちに見せてあげたいなと思って」と心が変わった。

 今年はすでに孵化が終わっているため、来年に向けて、顔なじみの百合丘の店などに協力を依頼し鑑賞会を行う準備を進めている。藤田さんは「どれくらい孵化するかは来年になってみないとわからないけど、最後に大事に育てていきたい。できるだけ、皆さんの手を煩わせずに実施することができれば」と話している。

麻生区版のローカルニュース最新6

7団体が市民館に舞う

7団体が市民館に舞う 文化

事前申込み制

9月17日号

地元野菜普及めざし

JAセレサ川崎

地元野菜普及めざし 文化

CD2500枚 市へ

9月17日号

まちの魅力を「もっと」

麻生と私 第6回 区制40周年プレ企画

まちの魅力を「もっと」 社会

中島健介さん(41才)=万福寺在住

9月17日号

2曲の民族舞踊を体験

2曲の民族舞踊を体験 文化

10月5日から 麻生市民館で

9月17日号

「ありがとう」が活動の源

「ありがとう」が活動の源 社会

地域活動に尽力 平原廣さん

9月17日号

逆転サヨナラで「若葉」優勝

区学童野球

逆転サヨナラで「若葉」優勝 スポーツ

秋季J:COM大会

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地下トンネル仕組み学ぶ

地下トンネル仕組み学ぶ

9月26日 オンラインで

9月26日~9月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook