麻生区版 掲載号:2021年6月25日号 エリアトップへ

「蔵邸ワイン 岡上ロゼ」を完成させた農業生産法人カルナエスト代表の 山田 貢さん 片平在住 39歳

掲載号:2021年6月25日号

  • LINE
  • hatena

ワインに託す「夢ある農業」

 ○…ブドウ栽培から醸造まですべて自ら手がけ、地元・岡上の名を冠した「川崎産ワイン」が今年ついに完成した。川崎産野菜に合うよう醸造したのは、50本のロゼワイン。まだ味見だけだが「香りよく、きりっとしている」と自信を見せる。今後、経営する新百合ヶ丘のレストランで提供を予定する。

 ○…岡上で代々続く農家に生まれた。周囲からも当然跡を継ぐと思われていたが「土に触ることが嫌い。キレイな仕事がしたい」と、美容師に。一方、農環境から一度離れてみたことで「農業を改革してみたい」と関心を寄せるようになった。ヘアメイクと飲食の仕事をかけもちして費やした20代最後の年に、レストランを開店。30歳で農産物の加工施設を整えた。ビールやジャムなど和光大学との協働企画も含め、生産から加工、販売までを担う「農業の6次産業化」を進める。

 ○…レストランの「食材から食器まですべて自家製にしたい」と思ったのがワイン造りのきっかけだ。ブドウ栽培を始めたのは2013年。少量の自家製ワインを醸造できる特区の認定や、製造免許取得までの道のりは長かったが、行政や地域住民が協力してくれた。瓶詰めされたワインを見つめ「地域の方に助けてもらい、応援してもらい完成した」としみじみ語る。まずは恩返しをと、7月には地域向けの試飲会を開く。

 ○…一度道を歩んだ美容の世界には興味を持ち続けている。2歳の息子の髪を切るのはもちろん担当。農業と美容をかけあわせた商品プロジェクトも少しずつ進めているという。「言ったことは全部やらないと気が済まない」という性分。掲げるのは「農業をビジネスにすること、そして夢のあるものにすること」。情熱は燃え尽きない。

麻生区版の人物風土記最新6

新屋 賀子(しんや よりこ)さん

音楽家で「1000人合唱」プロジェクトを企画した

新屋 賀子(しんや よりこ)さん

王禅寺東出身 47歳

9月17日号

田澤 梓さん

管理栄養士で、子育て相談サロン「ままカフェしんゆり」代表を務める

田澤 梓さん

王禅寺西在住 41歳

9月10日号

児嶋 脩(ひさし)さん

麻生区クールアース推進委員会の委員長を務める

児嶋 脩(ひさし)さん

千代ヶ丘在住 82歳

9月3日号

上田 和雄さん

寺子屋くりぎだいのメンバーで「プログラミング発表会」を企画した

上田 和雄さん

白鳥在住 71歳

8月27日号

後藤 正和さん

はやの柔道クラブの代表を務める

後藤 正和さん

早野在住 44歳

8月20日号

坂本 隆さん

「RUNTOMO+あさお実行委員会」に発足当時から参加する

坂本 隆さん

上麻生在住 45歳

8月13日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

恒例の「二つ目落語会」

恒例の「二つ目落語会」

9月18日 棕櫚亭(西生田)で

9月18日~9月18日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook