麻生区版 掲載号:2021年7月9日号 エリアトップへ

2021〜2022年度の川崎麻生ロータリークラブ会長を務める 鈴木 昭弘さん 上麻生在住 51歳

掲載号:2021年7月9日号

  • LINE
  • hatena

源は前向きな地元愛

 ○…7月に川崎麻生ロータリークラブの30代目会長に就任。クラブ創立30周年の節目となる年の要職に「光栄な反面、重圧もある。引き締めていきたい」と今の思いを語る。掲げるテーマは「次の10年を見据えて」。この1年、奉仕活動のメインは若手会員。「クラブとしても丁度転換期。これからも続いていくよう、若手ががんばる一年にしていきたい」

 ○…生まれは柿生で12代続く農家。新百合ヶ丘の宅地造成が進む脇で、野球をやったのが幼い頃の思い出だ。「物心ついたときに、まちが大きくなる感覚があった」と振り返る。サラリーマンを経て、30代で父親から不動産管理会社を引き継いだ。幅広い地域活動をしていた父の縁もあり、10年ほど前に同クラブへ。例年行う麻生川や新百合ヶ丘駅周辺の清掃活動にも「地元に貢献できていると思うと嬉しい」とやりがいを感じている。

 ○…高校の部活で始めたサックスの演奏を今も続けている。高校のOBバンドでは団長を務め、神奈川県内300人の奏者が集まるイベントにも参加。麻生観光協会では事務局長を務める。サラリーマン時代に一度地元から離れたことで、改めてまちの良さが見えた。「古刹、名刹がいっぱいあるうえに、古さと新しさがミックスされて居心地がいい」。そんな麻生区の魅力を伝えるその役割は、「ライフワーク」と言い切る。

 ○…先の10年、地下鉄延伸や世田谷線の拡幅など環境が変化する麻生区。変わる中でも活気ある市民活動ができるよう、「ロータリーが支えたり、中心になって一緒に活動できれば」。原動力は「地元が大好きなこと」だ。「自分の手で住みよいまちにしたい。否定から入ったら何もできないから」。ポジティブにまちの未来を動かす。

麻生区版の人物風土記最新6

新屋 賀子(しんや よりこ)さん

音楽家で「1000人合唱」プロジェクトを企画した

新屋 賀子(しんや よりこ)さん

王禅寺東出身 47歳

9月17日号

田澤 梓さん

管理栄養士で、子育て相談サロン「ままカフェしんゆり」代表を務める

田澤 梓さん

王禅寺西在住 41歳

9月10日号

児嶋 脩(ひさし)さん

麻生区クールアース推進委員会の委員長を務める

児嶋 脩(ひさし)さん

千代ヶ丘在住 82歳

9月3日号

上田 和雄さん

寺子屋くりぎだいのメンバーで「プログラミング発表会」を企画した

上田 和雄さん

白鳥在住 71歳

8月27日号

後藤 正和さん

はやの柔道クラブの代表を務める

後藤 正和さん

早野在住 44歳

8月20日号

坂本 隆さん

「RUNTOMO+あさお実行委員会」に発足当時から参加する

坂本 隆さん

上麻生在住 45歳

8月13日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

恒例の「二つ目落語会」

恒例の「二つ目落語会」

9月18日 棕櫚亭(西生田)で

9月18日~9月18日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook