麻生区版 掲載号:2021年7月9日号 エリアトップへ

区民記者が走る! 特別編 2021年 July 聖火のトーチも炎も美しかった!

掲載号:2021年7月9日号

  • LINE
  • hatena
公道を走ることはかないませんでしたが、点火セレモニーに参加してきました
公道を走ることはかないませんでしたが、点火セレモニーに参加してきました

 2年前、オリンピック観戦チケットを何度も申し込みましたが、ことごとく落選しました。そんなおり聖火ランナーが募集中であることを知って、出身が名古屋のため親しみを感じたトヨタに応募しました。地元での活動などを問われるままに、民生委員、子育て支援、あさお区民記者などのボランティア活動や今後の抱負などを答えたところ幸運にも合格しました。

 新型コロナの影響で大会は1年延び、聖火ランナーも公道での走行から公園での点火セレモニーに変更となりましたが、6月29日に相模原市の橋本公園で無事聖火の火をつなぐことができ、ホツとするとともに一生の思い出ができました。

 今後は、聖火が東京に届くこと、大会開催にあたっては、選手の方々が十分に実力を発揮されることと、大会が成功を収めることを祈りながら応援していきます。

区民記者とは?

地域活動が盛んな麻生区で活動する団体にスポットライトをあてるために、麻生市民交流館ゆまゆりを運営する認定NPO法人あさお市民活動サポートセンターが中心となって、文章を書くことが好きな区民で活動しています。
 

中島久幸記者
中島久幸記者

麻生区版のコラム最新6

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

9月17日号

ナラ枯れ大発生

区民記者が走る! vol.5 2021年 September

ナラ枯れ大発生

9月17日号

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

9月10日号

GO!GO!!フロンターレ

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地下トンネル仕組み学ぶ

地下トンネル仕組み学ぶ

9月26日 オンラインで

9月26日~9月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook