麻生区版 掲載号:2021年7月23日号 エリアトップへ

「交通事故ゼロの麻生区を」 交対協ら駅前で啓発

社会

掲載号:2021年7月23日号

  • LINE
  • hatena
(上)新百合ヶ丘駅周辺で啓発物を配布(下)挨拶をする渡辺会長
(上)新百合ヶ丘駅周辺で啓発物を配布(下)挨拶をする渡辺会長

 麻生区交通安全対策協議会(渡辺孝一会長)、麻生警察署(飯塚宏司署長)ら関係団体は7月13日、新百合ヶ丘駅南口周辺で「夏の交通事故防止運動キャンペーン」を行った。

 夏は、レジャーなどによる過労運転や、夏休みの解放感からくる無謀運転等の増加で交通事故が多発するという。7月11日から20日までの10日間、「安全は 心と時間の ゆとりから」「交通ルールを守って 夏を楽しく安全に」をスローガンに各地で「夏の交通事故防止運動」が実施された。

 麻生区交通安全対策協議会が中心となって行われた今回のキャンペーンでは、過労、無謀、暴走運転の追放や、シートベルト着用の徹底を呼びかけるチラシや、反射材などがセットになった啓発物を配布した。

 また同運動期間中は、麻生区交通安全協会らで通学路を中心とした児童への交通安全指導、保護・誘導活動なども行われた。

県内 昨年より増

 麻生警察署管内の人身交通事故は今年159件(7月12日時点)発生しており、昨年同時期より6件減で、死亡事故が1件発生(昨年同時期0件)。県内では10559件(6月末時点)発生し、昨年同時期よりも1225増。52件の死亡事故(前年同時期より19件減)が発生と、その数は全国でも5番目に多い。

 飯塚署長は「千葉で飲酒運転で子どもが亡くなったばかり。取り締まりだけではその数は減らない。一人ひとりの交通ルールの順守をお願いしたい」と呼びかける。7月から同協議会の新会長に就任した渡辺氏は「子どもが巻き込まれる事故が後を絶たない。事故ゼロの麻生区を目指して、みんなで協力していきたい」と話した。
 

麻生区版のローカルニュース最新6

7団体が市民館に舞う

7団体が市民館に舞う 文化

事前申込み制

9月17日号

地元野菜普及めざし

JAセレサ川崎

地元野菜普及めざし 文化

CD2500枚 市へ

9月17日号

まちの魅力を「もっと」

麻生と私 第6回 区制40周年プレ企画

まちの魅力を「もっと」 社会

中島健介さん(41才)=万福寺在住

9月17日号

2曲の民族舞踊を体験

2曲の民族舞踊を体験 文化

10月5日から 麻生市民館で

9月17日号

「ありがとう」が活動の源

「ありがとう」が活動の源 社会

地域活動に尽力 平原廣さん

9月17日号

逆転サヨナラで「若葉」優勝

区学童野球

逆転サヨナラで「若葉」優勝 スポーツ

秋季J:COM大会

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地下トンネル仕組み学ぶ

地下トンネル仕組み学ぶ

9月26日 オンラインで

9月26日~9月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook