麻生区版 掲載号:2021年7月23日号 エリアトップへ

麻生と私 第4回 区制40周年プレ企画 文化の新しい風と創造を 菅原敬子さん(84才)=岡上在住

社会

掲載号:2021年7月23日号

  • LINE
  • hatena
「新しい文化をつくっていきたい」と話す菅原さん
「新しい文化をつくっていきたい」と話す菅原さん

 「麻生童謡をうたう会」に所属し、日本に伝わる童謡・唱歌を歌うことで日本の文化を幅広い年代に伝え、残していく活動を行う。2005年からは、麻生区文化協会の会長に就任。麻生区民の文化活動を振興し、地域文化の向上、交流のために長年尽力してきた。

 特に力を入れてきたのが「あさお古風七草粥の会」「川崎・しんゆり芸術祭(アルテリッカしんゆり)」だ。毎年、新年恒例の「七草粥の会」はは、地元で採れた食材などを使って区民に提供。「アルテリッカ」では、近隣では見られない大型の作品の展示や、地元の劇団民藝とも連携した美術展を開催してきた。

 文化協会として、来年迎える区政40周年も、この2つのイベントで盛り上げていきたいという。「早くコロナが収まってほしい。ぜひ多くの区民の方々と盛り上げていきたい」と話す。

 山形県出身で、川崎市が教員の募集をしていたことをきっかけに上京。百合丘で小学校の教員になった。当時は、まだ開発が始まる前。子どもたちと万福寺の自然豊かな里山の中で遊んだことが思い出だ。お気に入りの場所は、市制60周年を記念して整備された「王禅寺ふるさと公園」。広大な土地で、子どもも大人も自由に遊べる場所は「貴重」と話し、「大事にしていきたい」と話す。

 まちの発展とともに、進められてきた麻生区の「芸術・文化のまちづくり」。文化協会でも”新しい風と創造”を掲げ、時代の流れや、新しい感覚を取り入れながら、今後も麻生区の文化振興を担っていきたいと目標を語る。「文化はつくっていくもの。地域が育んできた歴史的なものを大事にしながら、まちの新しい文化をつくっていきたいですね」

毎年恒例の「あさお古風七草粥の会」のようす=文化協会提供
毎年恒例の「あさお古風七草粥の会」のようす=文化協会提供

麻生区版のローカルニュース最新6

7団体が市民館に舞う

7団体が市民館に舞う 文化

事前申込み制

9月17日号

地元野菜普及めざし

JAセレサ川崎

地元野菜普及めざし 文化

CD2500枚 市へ

9月17日号

まちの魅力を「もっと」

麻生と私 第6回 区制40周年プレ企画

まちの魅力を「もっと」 社会

中島健介さん(41才)=万福寺在住

9月17日号

2曲の民族舞踊を体験

2曲の民族舞踊を体験 文化

10月5日から 麻生市民館で

9月17日号

「ありがとう」が活動の源

「ありがとう」が活動の源 社会

地域活動に尽力 平原廣さん

9月17日号

逆転サヨナラで「若葉」優勝

区学童野球

逆転サヨナラで「若葉」優勝 スポーツ

秋季J:COM大会

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地下トンネル仕組み学ぶ

地下トンネル仕組み学ぶ

9月26日 オンラインで

9月26日~9月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook