麻生区版 掲載号:2021年8月20日号 エリアトップへ

下麻生 地下深くの巨大トンネル 恩廻(おんまわし)公園調節池

社会

掲載号:2021年8月20日号

  • LINE
  • hatena
歩いて地下トンネルを見学(昨年のイベント実施時)
歩いて地下トンネルを見学(昨年のイベント実施時)

 亀井橋交差点付近、鶴見川と麻生川の合流点にあるのが「恩廻公園」。地下には、鶴見川の氾濫を防ぐために作られた、トンネル構造の調節池がある。

 調節池とは、洪水を一時的に貯留することで最大流量を減少させるために設けられたもの。同調節池では、雨が降って鶴見川の水位があがると、水が堤防から取水庭に流れ込み、地下50メートルのトンネルに流れて溜まる仕組みだ。1時間に60ミリの雨が降っても氾濫を防ぐことができる。

 1965年以降の開発によって雨水をためこむ水田やため池が少なくなり、流量が増え氾濫を起こしていた鶴見川。「暴れ川」とも呼ばれた同川の水害対策として、鶴見川が流れていた箇所を改修し、2003年に建設された。

 トンネルの長さは約600メートル。25メートルプールの約330杯分をためることができる。断面は縦16・5メートル、横15・4メートルで、新幹線のトンネルよりも大きい。2008年8月には、全容の3分の1を流入した。

 管理棟の1階では調節池の構造や周辺の自然を紹介する模型、パネルを展示。開館時に見学することができる。現在トンネルの見学受付は中止。最新情報は施設HPへ。

広場としても使われる取水庭
広場としても使われる取水庭

麻生区版のローカルニュース最新6

強気プレーで県V

バドミントン

強気プレーで県V スポーツ

佐藤彩夏さん(上麻生在住高校2年)

11月26日号

地域住民と花壇づくり

長沢小3年

地域住民と花壇づくり 教育

諏訪公園に苗120本

11月26日号

エルミでクイズラリー

エルミでクイズラリー 社会

11月27日、28日の2日間

11月26日号

森の中が美術館

多摩美

森の中が美術館 文化

子育て世代が継承

11月26日号

冬の新ゆりをライトアップ

冬の新ゆりをライトアップ 社会

1年ぶりのマルシェも盛況

11月26日号

「いざ」という時に備えて

川崎市

「いざ」という時に備えて 社会

総合防災訓練に390人

11月26日号

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親子でオランダ旅体験

親子でオランダ旅体験

クリスマスカード作りも

12月4日~12月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook