麻生区版 掲載号:2021年8月27日号 エリアトップへ

大舞台で渾身のダンス 麻生中、桐光中が全国出場

文化

掲載号:2021年8月27日号

  • LINE
  • hatena
麻生中ダンス部=同校提供
麻生中ダンス部=同校提供

 「第10回日本中学校ダンス部選手権全国決勝大会」が8月16日に神奈川県民ホール(横浜市)で開催され、市立麻生中学校と、桐光学園中学校が出場した。両校とも入賞は逃したが、成果を全国の舞台で発揮した。

 同大会には全国から20校が参加。両校は2日に八王子市で行われた東日本予選大会で代表に選ばれていた。

燃える炎を舞う

 麻生中ダンス部からは3年生15人、2年生11人が出場。5月から練習を開始し、3年生3人の振付係が振付やフォーメーションを作っていった。コンセプトは「青い炎」。力を入れたのは「終盤になるにつれ、めらめらと燃え上がる炎のように力強く踊ること」と部長の四條眞(ま)規(き)さんは話す。

 感染症拡大で部活動に制限があり、予選から全国大会までに集まって練習ができたのは一度きり。その間はリモートで練習や体力づくりを行い、「踊りの技術やモチベーションを落とさないようにしていた」と四條さんは振り返る。

 大会当日は強豪校の演技を見て緊張したが、直前に部員全員で今までの練習を思い出し、本番に臨んだ。大会を終え、四條さんは「もう終わってしまったのか、という気持ち。憧れの舞台に立てて嬉しく感動した思いを、来年、再来年と後輩たちにも感じてほしい」と語る。一つの作品を作り上げた団結力を武器に、次は10月の文化祭の成功を目指す。

動きの緩急で気持ち表現

 全国決勝に7回目の出場となった桐光学園中ダンス部は、「もう大丈夫」という曲に合わせ、「困難が立ちはだかっても自立する、女性の強さ」を表現。メンバーは全員3年生の27人。外部コーチが振り付けし、3月から取り組んだ。注力したのは、ビートや歌い方など楽曲の細かい変化に合わせて動きに緩急をつけ、振りや表情を変化させながら、見ている人に気持ちを伝えることだ。

 家での自主練習を重視。踊った動画を交換して指摘し合うなど、部活動以外の時間も言葉を掛けあった。部長の落合映喜(みつき)さんは「練習時間が限られている中、工夫してできる限りのことをして高めあった」と語る。

 本番では「今まで頑張ってきた自分たちや応援してくれる方々のことを考え、踊りで気持ちを伝えられたと思う」と落合さん。結果を受け「入賞できず悔しいが、全国大会出場は大きな経験値になった。吸収したことを生かして、もっと頑張りたい」と前を向く。

桐光学園中ダンス部=同校提供
桐光学園中ダンス部=同校提供

麻生区版のローカルニュース最新6

強気プレーで県V

バドミントン

強気プレーで県V スポーツ

佐藤彩夏さん(上麻生在住高校2年)

11月26日号

地域住民と花壇づくり

長沢小3年

地域住民と花壇づくり 教育

諏訪公園に苗120本

11月26日号

エルミでクイズラリー

エルミでクイズラリー 社会

11月27日、28日の2日間

11月26日号

森の中が美術館

多摩美

森の中が美術館 文化

子育て世代が継承

11月26日号

冬の新ゆりをライトアップ

冬の新ゆりをライトアップ 社会

1年ぶりのマルシェも盛況

11月26日号

「いざ」という時に備えて

川崎市

「いざ」という時に備えて 社会

総合防災訓練に390人

11月26日号

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親子でオランダ旅体験

親子でオランダ旅体験

クリスマスカード作りも

12月4日~12月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook