麻生区版 掲載号:2021年9月10日号 エリアトップへ

区内在住カメラマン 「月」語る癒しの場を 週1回交流 延べ500人

コミュニティ社会

掲載号:2021年9月10日号

  • LINE
  • hatena
河戸さんと麻生区内で撮影された月
河戸さんと麻生区内で撮影された月

 月をテーマに集い、気晴らしになる場を――。20年以上月を撮影し続ける映像カメラマン・河戸浩一郎さん(46)=王禅寺東在住=が、オンライン交流会を昨年から毎週開催している。国内外の老若男女が月の話題を語り、新たな創作機会にもつながっている。

 オンライン交流会「わたしのお月さま」は毎週金曜、午後9時からオンライン会議アプリを使用して2時間行われている。参加者は、月に関するテーマについて自由に語り合い、河戸さんが撮影・製作した月の映像作品を見て交流する。9月3日までで68回開催、累計500人が参加した。

 河戸さんは学生時の練習から始まり、ライフワークとして月を撮影。「いつの間にか毎晩毎晩、違う姿を見せる月を撮影するようになった」と河戸さん。10年前から創作活動や上映会を行うようになったが、昨春から新型コロナが広がり、上映会や仕事もなくなった。

 周囲にも仕事や帰省ができず、孤独を抱えてる人も多かった。そこで、月に思いを馳せながら、おしゃべりで気晴らしにならないかと、週一度のオンライン交流会を企画。交流会が始まったのは、昨年の4月、緊急事態宣言が全国に発令された翌日だ。「『月』をテーマにすれば、悪口にはならないだろうという思いもある」と話す。

 参加者同士は実際に会ったことがない人がほとんどで、海外からの参加者も。語り合うことで「前向きになった」「穏やかな気持ちになった」などの声が挙がっているという。「月は誰のものではなく、物理的に、誰にとっても同じ距離に存在する」と河戸さん。タイトルの「わたしのお月さま」には、「同じ月を見ているけれど、『あなた』にとっての月を教えてほしい」という思いが込められている。コロナが落ち着いた後も、毎週の集いの場として継続するつもりだ。

26日に派生イベント

 9月26日(日)にはオンラインでアートイベントを開催する。オンライン交流会を通じて知り合った在独ダンサーのパフォーマンスや、朗読、音楽発表などを予定。河戸さんは「月をきっかけに新たな創作活動につながったことに手ごたえがある」と語る。

 交流会の参加やアートイベントの視聴方法など詳細は、河戸さんのHP(https://www.tsukimachibito.com/)へ。

麻生区版のトップニュース最新6

創部初 全国選手権へ

桐光学園競技かるた部

創部初 全国選手権へ 文化

聖地・近江神宮で挑む

7月1日号

「多様性と調和」表し、大賞

はるひ野エコガーデン

「多様性と調和」表し、大賞 文化

花と緑のコンクール

7月1日号

野菜絵本で「農育」

岡上アグリ・リゾート

野菜絵本で「農育」 教育

区内84カ所に寄贈

6月24日号

初年度の申請率53.9%

町会応援補助金

初年度の申請率53.9% 経済

市、事例示し利用促進へ

6月24日号

片平川で「ご近所アート」

市民団体

片平川で「ご近所アート」 コミュニティ文化

遊歩道に展示場所誕生

6月17日号

相談・通告5年で倍に

川崎市内児童虐待

相談・通告5年で倍に 教育

5832件、増加率は低下

6月17日号

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

区の花「ヤマユリ」紹介

区の花「ヤマユリ」紹介

麻生市民館で展示会

7月1日~7月6日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook