麻生区版 掲載号:2021年9月17日号 エリアトップへ

区民記者が走る! vol.5 2021年 September ナラ枯れ大発生

掲載号:2021年9月17日号

  • LINE
  • hatena
八王子市長生公園のナラ枯れ調査
八王子市長生公園のナラ枯れ調査

 記者は自転車であちこちに出かける。ある日はお越山にやまゆりが咲いたというので出かけてみた。やまゆりを探していると幹にラップのようなものが巻いてある木を見つけた。またある日は尾根幹をサイクリングしていると真夏なのに真赤に紅葉した木があった。そしてある日、長池公園の森の中を散策するとその答えを見つけた。「ナラ枯れ」だという。

 カシノナガキクイムシという5mmほどの虫が大発生しコナラの幹に穴をあけ急激にコナラを枯死させる現象で公園や緑地に爆発的に広がっているという。調査のため粘着テープ等で成虫を捕獲するのが幹に巻いたラップの正体だ。枯木を切り倒すしか対処法がない。大発生は周期的に起きてきたという。自然の不思議な摂理だろうか。

区民記者とは?

地域活動が盛んな麻生区で活動する団体にスポットライトをあてるために、麻生市民交流館ゆまゆりを運営する認定NPO法人あさお市民活動サポートセンターが中心となって、文章を書くことが好きな区民で活動しています。
 

景山茂記者
景山茂記者

麻生区版のコラム最新6

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」県下最古の板碑〜寛元二年銘板碑等と御家人鴨志田氏について〜【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

10月22日号

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

大正橋のほとり癒しの庭が

区民記者が走る! vol.6 2021年 October

大正橋のほとり癒しの庭が

10月15日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」県下最古の板碑〜寛元二年銘板碑等と御家人鴨志田氏について〜【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

10月8日号

GO!GO!!フロンターレ

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ステージで発表・ライブ

ステージで発表・ライブ

10月29日 FAiCO出演

10月29日~10月29日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook