麻生区版 掲載号:2021年9月17日号 エリアトップへ

柿生文化を読む シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

掲載号:2021年9月17日号

  • LINE
  • hatena
写真=建長七年銘板碑 川崎市高津区久末 妙法寺所蔵
写真=建長七年銘板碑 川崎市高津区久末 妙法寺所蔵

 横浜市南区宝生寺に伝来する典籍巻末には「書本云/以應済御本書了 章済/賜彼御本書了 慶範/文永二年〈乙丑〉閏四月廿六日於武州矢股也」の奥書がある。文永二年(1265)に僧慶範が武蔵国矢股(寺)において典籍を書写したことがわかる。この武州矢股は都筑区の山田を指すものと考えられる。建長七年銘板碑にある寺主良範と典籍巻末にある慶範は「範」字が共通しており、年代も近いことから同じ法系の僧侶であり、同じ寺院に止宿したと考えてよいであろう。したがって「主君聖霊」は矢股に存在した寺院僧侶の主従(師弟)関係を表していると理解できる。鎌倉時代後期には山田(矢股)に典籍を書写して、盂蘭盆にあたり主君(先代の住侍あるいは師匠)の追善供養のために板碑を造立する寺院の存在を考えてよいであろう。

 山田地域は鎌倉時代後期には寺院が建立され、早くから板碑を造立する文化が存在したいわば「板碑文化の先進地域」といえる。横浜市・川崎市という現代の行政区を越えて鶴見川流域を考えることの重要性を痛感する。    (つづく)
 

麻生区版のコラム最新6

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」県下最古の板碑〜寛元二年銘板碑等と御家人鴨志田氏について〜【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

10月22日号

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

大正橋のほとり癒しの庭が

区民記者が走る! vol.6 2021年 October

大正橋のほとり癒しの庭が

10月15日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」県下最古の板碑〜寛元二年銘板碑等と御家人鴨志田氏について〜【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

10月8日号

GO!GO!!フロンターレ

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ステージで発表・ライブ

ステージで発表・ライブ

10月29日 FAiCO出演

10月29日~10月29日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook