麻生区版 掲載号:2021年10月8日号 エリアトップへ

麻生の「柿」を収穫体験 市内から29人が参加

社会

掲載号:2021年10月8日号

  • LINE
  • hatena
取れた柿を手に笑顔をみせる子どもたち
取れた柿を手に笑顔をみせる子どもたち

 「柿生」の地名のもとになったと言われる「禅寺丸柿」の柿もぎと、芋ほり体験が10月2日、黒川で行われた。

 麻生区と麻生観光協会(高桑光雄会長)の共催で行われた今回の体験。柿生禅寺丸保存会(宇津木裕会長)とJAセレサ川崎が協力した。

 今回の体験には、市内から55組127人の応募があり、抽選で13組29人の親子が参加。古くから使われていた、先の割れた竿「ばっぱさみ」を使って柿もぎに挑戦した。観光協会や保存会のメンバーに使い方を教わり、竹の重さに苦戦しながらも、親子で高枝に実った柿を収穫した。

 今回初めて参加した片平在住の小学5年生の女の子は「(ばっぱさみを)使うのが難しかった。禅寺丸柿のことは知らなかった。家に帰って食べるのが楽しみ」と感想を話した。柿もぎの後には芋ほりも体験し、秋晴れの中で収穫を楽しんだ。

 高桑会長は「緊急事態宣言が明けた中で、青空のもとでのびのびと、楽しんでもらえた。地域の名産の柿をもいでいただくことで、麻生区のPRにもつながった」と話していた。

ばっぱさみを使って柿もぎに挑戦
ばっぱさみを使って柿もぎに挑戦

麻生区版のローカルニュース最新6

群舞の魅力たっぷりと

群舞の魅力たっぷりと 文化

読者10組を招待

12月3日号

家族みんなのバランスは

家族みんなのバランスは 教育

14日 区役所で講演会

12月3日号

名作をしんゆり舞台に翻案

劇団わが町

名作をしんゆり舞台に翻案 文化

きょうから5日まで

12月3日号

1人1団体に地域功労賞

1人1団体に地域功労賞 社会

地域振興、生活向上に貢献

12月3日号

活動を奉告

【Web限定記事】市茶華道協会

活動を奉告 文化

12月3日号

口腔がん「早期発見を」

口腔がん「早期発見を」 社会

市歯科医師会が無料検診

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

テーマは「高血圧症と心不全」

テーマは「高血圧症と心不全」

12月9日 健康づくり講演会

12月9日~12月9日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook