麻生区版 掲載号:2021年10月15日号 エリアトップへ

山ゆり号 改善重ね運行10年 百合高生がマスコット作成

社会

掲載号:2021年10月15日号

  • LINE
  • hatena
「水暮町会」の停留所の前に立つ岡野会長(中央)ら運営委員会メンバー
「水暮町会」の停留所の前に立つ岡野会長(中央)ら運営委員会メンバー

 百合ヶ丘駅周辺や高石地区を循環するコミュニティバス「山ゆり号」が運行開始から先月で10年を迎えた。主に高齢者に利用されているが、赤字運営が続く中、同運営委員会は利用促進を図り、高校生考案のマスコットキャラクターを先月末に決定した。

 山坂の多い高石地域にコミュニティバスを走らせる動きは約20年前に住民から始まった。自治会・町会で協議会を立ち上げ、5、6年ほどルート設定や試行運行を繰り返した。2011年9月に、住民で組織する山ゆり交通事業運営委員会、市まちづくり局、運行を担う(株)高橋商事(多摩区)の三者協力で本格運行を開始。10年間で、新車導入、ルート変更など改善を重ねてきた。

 利用の中心は高齢者。高石地域から生活圏の百合ヶ丘駅や読売ランド前駅に出るには、急坂や狭路を通り徒歩10分以上かかる。運営委員会の岡野幸雄会長(91)は、「高齢者にとって自分の足で買い物できるのは、生活の楽しみでもある。利用者から『山ゆり号があるから長生きできる』と聞くと、やってきた甲斐がある」と話す。

 一方、運営は赤字が続く。収入源は運賃だが、利用者数は採算が取れる1日100人には満たない。不足分はサポーター登録料や広告料で補てんするが、サポーター登録数は最大160人から減り、現在は100人以下。運行継続のためには利用者やサポーターの増加が必須だ。

 運営委員会の田渕治恵さん(71)は「誰も得していない状況で『やめたら』という声も聞く。それでも必要としている人のためにも、なんと言われても止めるわけにはいかない」と使命感を語る。

「若い力活用して」

 10周年を記念し、利用促進や地域連携を目的にマスコットキャラクターが作成された。県立百合丘高校(多摩区)の美術部が6候補のデザイン案を手がけ、7月に地域向けの投票を実施。総投票数450票のうち、同部の小林さくらさん(2年)による「ユメノミ」が212票を集め、マスコットに決まった。

 幼稚園児くらいの猫というユメノミは「山ゆり号の利用が多い高齢者にとって、親しみが持てるよう孫をイメージしながら描いた」と小林さん。今後は停留所の時刻表や車体に登場できるよう、活用するアイデアがあがっている。

 岡野会長は「バスの運行は地域住民だけでやろうとしてもダメ。マスコットをきっかけに、若い人の能力やエネルギーが継続のカギになれば」と話している。

山ゆり号
山ゆり号
マスコットに決まったユメノミ
マスコットに決まったユメノミ

麻生区版のトップニュース最新6

地図づくり大詰め

SDGs推進隊

地図づくり大詰め 社会

他都市への展開も視野に

11月26日号

新会議、年度内に試行

川崎市

新会議、年度内に試行 社会

「形式自由」も運用がカギ

11月26日号

区内で新たに16件決定

市地域文化財

区内で新たに16件決定 文化

旧神谷歯科など

11月19日号

神奈川制し全国へ

桐光学園サッカー部

神奈川制し全国へ スポーツ

3年ぶりに王座奪還

11月19日号

「男子厨房に入り」25年

市民料理サークル

「男子厨房に入り」25年 社会

月1回の講習会 再開

11月12日号

地元企業らで一斉清掃

新百合ヶ丘駅南口

地元企業らで一斉清掃 社会

ポイ捨て、糞害に課題も

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親子でオランダ旅体験

親子でオランダ旅体験

クリスマスカード作りも

12月4日~12月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook