麻生区版 掲載号:2021年11月26日号 エリアトップへ

区民記者が走る! vol.7 2021年 November 区民創設劇団の挑戦

掲載号:2021年11月26日号

  • LINE
  • hatena
家族の絆や介護をテーマにした芝居。演者の情熱を生演奏が盛り上げます
家族の絆や介護をテーマにした芝居。演者の情熱を生演奏が盛り上げます

 麻生区在住の脚本家、山浦弘靖さんが代表を務める「劇団ちりりん座」。2014年、家人の介護のため、自宅に引き籠もりがちだった山浦さんが、地元で第2の人生を謳歌しているシニア仲間に触発され、「違う人格や人生を演じることで自己再生を目指す。市民参加型劇団」を立ち上げました。

 今年はついに、川崎市アートセンター・アルテリオ小劇場で12月16日・17日、3回の公演を行うこととなりました。歌芝居「スミレノハナサクコロ」は、老いや認知症、介護問題で揺れる家族の愛や絆など、山浦さんの実体験も見え隠れする作品です。音楽を担当するのは麻生区の音楽家たち。劇中歌の演奏会や地元ミュージシャンのライブも同時開催します。

 チケットのお求めはHPから。https://www.tiririn.jp/

区民記者とは?

地域活動が盛んな麻生区で活動する団体にスポットライトをあてるために、麻生市民交流館ゆまゆりを運営する認定NPO法人あさお市民活動サポートセンターが中心となって、文章を書くことが好きな区民で活動しています。

佐々木直子記者
佐々木直子記者

麻生区版のコラム最新6

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」中世史料・資料の隠れた宝庫 恩田郷(その3)【1】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

1月28日号

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」中世史料・資料の隠れた宝庫 恩田郷(その2)【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

1月21日号

伝統のおはやしを守って90年

区民記者が走る! vol.9 2022年 January

伝統のおはやしを守って90年

1月21日号

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

講演会「認知症に備える」

講演会「認知症に備える」

2月12日 麻生区市民館で

2月12日~2月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook