麻生区版 掲載号:2021年12月3日号 エリアトップへ

〜地域エネルギー会社設立の課題〜議会報告 市主導で再生可能エネルギー普及へ みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

掲載号:2021年12月3日号

  • LINE
  • hatena

 かつては「公害のまち」と呼ばれた川崎市。今は環境先進都市として「2050カーボンゼロチャレンジかわさき」を宣言し、再生可能エネルギーの普及に取り組んでいます。市のごみ処理施設での「廃棄物発電」もその一つです。

ごみを燃やして7億円!?

 「廃棄物発電」は、ごみの焼却時に発生する熱を利用して発電する方法です。現在、王禅寺処理センター(麻生区)と浮島処理センター(川崎区)で行っています。

 王禅寺の発電設備は、隣接するヨネッティー王禅寺の温水プール・お風呂・暖房等の電力を賄い、余った電力は売電。売電量は年間約41GWhで、売電価格は約7億1千万円です(2019年実績)。浮島の余剰電力は、廃棄物関連の11施設と市役所第三庁舎への電力供給に使用しています。令和5年には、休止中の橘処理センターの発電施設も稼働予定です。

地域エネルギー会社の設立

 11月24日の環境委員会では『市域の再生可能エネルギー等の利用拡大に向けた廃棄物発電有効活用計画(案)の策定について』の報告があり、市が民間と共同して資本金1億円程度の地域エネルギー会社を設立する案が示されました。

 市内全公共施設への電力供給、市域の再生可能エネルギーの電源開発やマネジメントなどもカバーする体制を作り、市主導でエネルギーの普及を進めていくとのこと。新会社では、市ごみ処理施設での「廃棄物発電」により年間約120GWhを賄う計画です(一般家庭約2万7千世帯の年間電気使用量に匹敵)。

今後の課題は

 一番の課題は、経営問題です。計画では、市が筆頭株主となり、ガバナンスを強化する予定ですが、市内部に専門家はいません。電力は価格が不安定で、国策の変化が激しく、先の見通しが不明瞭な分野です。損失が出た場合に市の一般会計から補填することは避けねばなりません。精査・提言に引き続き取り組んでまいります。

みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

TEL:044-200-3355

http://suzuki-tomoko.mints.ne.jp/

川崎市(住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金)

川崎市 住民税非課税世帯などに対する臨時特別給付金(10万円)の申請期限迫る!

https://www.city.kawasaki.jp/350/cmsfiles/contents/0000136/136192/sinseikigen.pdf

<PR>

麻生区版の意見広告・議会報告最新6

しんゆりシャトル、再び〜オンデマンド交通による暮らしの再編〜

市政報告

しんゆりシャトル、再び〜オンデマンド交通による暮らしの再編〜

みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

8月19日号

消防団の活動PRに広報誌を

連載96

消防団の活動PRに広報誌を

みらい川崎市議会議員団 こば りか子

8月5日号

大転換期を迎える川崎臨海部交通インフラ整備が発展の鍵

連載95

大転換期を迎える川崎臨海部交通インフラ整備が発展の鍵

みらい川崎市議会議員団 こば りか子

7月29日号

オンライン弁護士相談、試行スタート〜市民ニーズに沿った相談体制を〜

市政報告

オンライン弁護士相談、試行スタート〜市民ニーズに沿った相談体制を〜

みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

7月8日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月17日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook