麻生区版 掲載号:2021年12月17日号 エリアトップへ

区民記者が走る! vol.8 2021年 Decembr 新しいライフスタイルの継続を!

掲載号:2021年12月17日号

  • LINE
  • hatena
毎週土曜日に、アートパークスを整備する皆さん
毎週土曜日に、アートパークスを整備する皆さん

 緊急事態宣言が解除、普段の生活に戻りつつある。この間、今までにない光景を公園で目にした。それは、近所にこんなに多くの子ども達がいるかという実感。麻生小学校に隣接する「隠れ谷戸公園」では、鬼ごっこ・サッカーなどで腕白坊やが活躍している。そして子どもと遊んでいる父親の姿の多いこと。これもコロナ禍のテレワークの賜物かと。

 密にならない「まちの広場」。新たに公園が、地域のコミュニティの場として存在感を増している。この流れから、日本一の芝生公園を目指す「新百合ヶ丘アートパークス」では、毎月第一日曜日に、公園にいる親子が参加して、芝生の上で「ラジオ体操と世代交流」が始まっている。子ども達の笑顔が、見られるのが嬉しい。

 そして、忘れてはならなのは公園を整備・維持しているボランティアの皆さんの活動ぶりだろう。

区民記者とは?

地域活動が盛んな麻生区で活動する団体にスポットライトをあてるために、麻生市民交流館ゆまゆりを運営する認定NPO法人あさお市民活動サポートセンターが中心となって、文章を書くことが好きな区民で活動しています。

植木昌昭記者
植木昌昭記者

麻生区版のコラム最新6

GO!GO!!フロンターレ

今、「平和の大切さ」を伝える人達が...

区民記者が走る! vol.13 2022年 May

今、「平和の大切さ」を伝える人達が...

5月20日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」稲毛重成の人物像にせまる(その2)【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

5月13日号

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」稲毛重成の人物像にせまる(その2)【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

約250種のバラ、可憐に

約250種のバラ、可憐に

「ローズオカガミ」22日まで

5月12日~5月22日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook