麻生区版 掲載号:2022年1月7日号 エリアトップへ

区内3人に厚労大臣表彰 地域福祉への貢献を評価

社会

掲載号:2022年1月7日号

  • LINE
  • hatena
左から、山本さん、鈴木さん、水間さん
左から、山本さん、鈴木さん、水間さん

 長年にわたる地域福祉の推進に尽力した功績が認められ、先月、区内在住の水間哲郎さん(78)、鈴木正視さん(74)、山本浩真さん(67)が厚生労働大臣表彰を受賞した。

 厚生労働大臣表彰は、社会福祉の功労者として、長年にわたり民生・児童委員の職務に従事した個人や、共同募金運動を推進する個人・団体、社会福祉事業に従事している個人らに贈られる。

 水間さんは、2000年から、麻生福祉事務所嘱託医として一般精神保健相談をはじめ、生涯支援区分認定審査会委員、認知症サポート医とし訪問支援事業に関わるアドバイザーを務めている。区民の保健福祉の向上に尽力し、医療扶助に対する医学的判断を的確に行い、川崎市の福祉行政に多大な貢献をしたことが今回、評価された。

 鈴木さんは、カーディーラーなどで勤務した後、片平小学校、白鳥中学校のPTA会長を歴任し、1998年から民生・児童委員に。2016年から柿生第3地区民生・児童委員協議会の会長を務めており、長年にわたる地域福祉への貢献が認められた。

 山本さんは、妙延寺(多摩美)の住職の務める一方で、民生委員、麻生区東地区社会福祉協議会会長を務め、16年に麻生区社会福祉協議会の会長に就任。共同募金運動の奉仕者として長年にわたって活動してきたことが評価された。

 今回の受賞にあたり水間さんは「今回の受賞できて光栄。麻生区は高齢者が増えている。今後も区役所、医師会と連携して地域医療に努めていきたい」と今後の抱負を語る。鈴木さんは「職務に従事してきただけなので、まだ受賞した受賞の実感がわかない。許される限り続けていきたい」と話し、山本さんは「長年、社協として活動してきたことが評価されての受賞なので、本当にありがたい」と語った。

麻生区版のトップニュース最新6

特設サイトで事業PR

区制40周年

特設サイトで事業PR 社会

イベント概要を順次発信

5月20日号

麻生区の充足率、8割弱

民生委員児童委員

麻生区の充足率、8割弱 社会

12月の改選へ、広報強化

5月20日号

自治会用SNSを試行

川崎市・小田急電鉄

自治会用SNSを試行 社会

区内5団体 10月末まで

5月13日号

区内医師「意識変化に期待」

不妊治療保険適用拡大

区内医師「意識変化に期待」 社会

4月から 専門家への相談増

5月13日号

県ゴルフ大会で優勝

下麻生在住西田さん

県ゴルフ大会で優勝 スポーツ

70歳以上の部 最多3度目

5月6日号

2団体が国交大臣表彰

2団体が国交大臣表彰 社会

「みどりの愛護」功労者で

5月6日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

約250種のバラ、可憐に

約250種のバラ、可憐に

「ローズオカガミ」22日まで

5月12日~5月22日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook