麻生区版 掲載号:2022年1月21日号 エリアトップへ

1月28日に恒例の「だるま市」が行われる、麻生不動院の住職 森 光彦さん 王禅寺在住 49歳

掲載号:2022年1月21日号

  • LINE
  • hatena

信頼され、長く続く祭を

 ○…麻生不動院の年明け初の縁日にあわせ、参道にだるまや飲食の露店が並びにぎわう「だるま市」。どんな悪天候でも開催してきたが、昨年は新型コロナの影響で中止に。「長年携わってきた80代の人が『初めてのこと』と言うくらい。親しまれている祭でも、コロナには勝てなかった」と残念がる。同時に「いくら開催したくても地域の皆さんの信頼がなければ成立しない」と痛感。今年の開催に向け、今は関係各所との調整が続く。

 ○…東京・日野市で生まれ育つ。証券会社のサラリーマンだったが、王禅寺の娘である妻と結婚し、20代で修行を始めた。その過程は「これも縁なのかな」と朗らかに振り返る。現在は副住職で、2017年には王禅寺の末寺・麻生不動院の住職に。寺仕事で関わる中、麻生区の住民は「お寺や神社に親近感を持ってくれている。お寺のことを一緒に盛り立てくれる人が多い」という印象を抱いている。

 ○…「後ろ向きに捉えていても仕方ない」と、物事の考え方は常にポジティブだ。普段過ごしている王禅寺の境内は、四季折々変化する自然や、参拝者との会話に「飽きることがない」と笑顔で、日々の充実感を滲ませる。高2と小6の息子には「こちらから跡継ぎを無理強いすることはない。自然と継ぎたいと言ってくれるのを待ちたい」と目を細める。

 ○…戦後から現在のようなにぎわいを見せ、ピーク時には1日で6万人が訪れたという、だるま市。その姿は地域の看板とも言えるが、続いてきたのも「信徒と地域の人が協力してつくってきたお祭り」だからこそ。今後も今の形で続けていくことと、「『関東納めのだるま市』と言われるからには、関東中から来るようになってほしい」と野望ものぞかせる。

麻生区版の人物風土記最新6

吉田 明宏さん

(株)川崎フロンターレの代表取締役社長に、4月8日付で就任した

吉田 明宏さん

高津区在勤 58歳

5月27日号

大和田 瞳さん

5月21日にイベント「シェア・ア・マンス」を主催するアクセサリー作家

大和田 瞳さん

高石在住 43歳

5月20日号

長野 千紘さん

劇団四季ミュージカル『ロボット・イン・ザ・ガーデン』でタング役の

長野 千紘さん

川崎市在住 劇団四季俳優

5月13日号

溝口 真央さん

政策コンテスト「未来自治体全国大会」で優勝した

溝口 真央さん

高石在住 21歳

5月6日号

中地 美佐子さん

アルテリッカしんゆり公演『グレイクリスマス』の五條華子役で出演する

中地 美佐子さん

市内在住 53歳

4月29日号

横田 明子さん

孫目線で原爆の語り部について描いた書籍で「日本児童文芸家協会賞」を受賞した

横田 明子さん

金程在住 65歳

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民館に集結 成果発表

市民館に集結 成果発表

6月3日から「サークル祭」

6月3日~6月8日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook