麻生区版 掲載号:2022年1月21日号 エリアトップへ

アンサンブル麻生 文科大臣表彰を受賞 障害者の学習支援が評価

社会

掲載号:2022年1月21日号

  • LINE
  • hatena
表彰式で一部のメンバーが演奏を披露=同団体提供
表彰式で一部のメンバーが演奏を披露=同団体提供

 県立麻生養護学校高等部アートコース音楽グループの卒業生で結成される「アンサンブル麻生OBOG会」(熊谷百合子代表)が先月、文部科学大臣表彰を受賞した。障害者の生涯学習支援活動への功績が認められた。熊谷代表は「今後も音楽演奏を継続することで、緩やかで豊かな趣味の時間を共有していきたい」と抱負を語る。

 2006年に開校した県立麻生養護学校高等部は、コース制を採用。表現支援コースの中のアートコースは、生徒たちが美術グループと音楽グループに分かれて、3年間さまざまな経験を積む。その音楽グループは、週に2回、バイオリンとフルートのどちらかを選んで練習。肢体不自由や、知的障害がありながらも「アンサンブルあさお」として楽器にふれて楽しむ活動を行っている。

 同校を卒業後も音楽を続けていこうと2009年に「アンサンブル麻生OBOG会」を発足。「一生の趣味、一生の友を」を合言葉に、月に一度、母校に集まり、同校の教員や在学時と同じように認定NPO法人ミュージック・シェアリングから派遣される音楽家の指導のもと活動を続けている。メンバーは同校卒業生、家族、指導者を含め55人。年に一度、発表会を開催するほか、地域や福祉施設と連携して、町内会のイベント、祭りなどでも演奏を行う。熊谷代表は「子どもたちは表現が得意になり、自分の楽器を持つ子も増え、大きな自信になっている」と活動の成果を語る。

 今回、障害者が障害を通じて教育やスポーツ、文化などのさまざまな機会に親しみ、豊かな人生を送ることができるよう、障害者の生涯を通じた多様な学習を支える活動を行っているとして、神奈川県の推薦を受けて、文部科学大臣表彰を受賞した。

 熊谷代表は「学校の先生方や、ミュージック・シェアリングの指導者の皆様のおかげで今までやってくることができた。長年の活動のご褒美として受賞できたのでは」と喜ぶ。今後については「養護学校で培った楽器演奏を継続することで、緩やかで豊かな趣味の時間として共有していきたい。コロナが収束したら、発表会を行いたいので、その際はぜひ見に来ていただけたら」と抱負を語った。

麻生区版のトップニュース最新6

待機児童、2年連続ゼロ

川崎市

待機児童、2年連続ゼロ 社会

保留は4年連続減少

5月27日号

麻生から「裸足」文化を

東百合丘在住ロブさん

麻生から「裸足」文化を 社会

アートパークスで交流会

5月27日号

特設サイトで事業PR

区制40周年

特設サイトで事業PR 社会

イベント概要を順次発信

5月20日号

麻生区の充足率、8割弱

民生委員児童委員

麻生区の充足率、8割弱 社会

12月の改選へ、広報強化

5月20日号

自治会用SNSを試行

川崎市・小田急電鉄

自治会用SNSを試行 コミュニティ社会

区内5団体 10月末まで

5月13日号

区内医師「意識変化に期待」

不妊治療保険適用拡大

区内医師「意識変化に期待」 社会

4月から 専門家への相談増

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民館に集結 成果発表

市民館に集結 成果発表

6月3日から「サークル祭」

6月3日~6月8日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook