麻生区版 掲載号:2022年1月28日号 エリアトップへ

市立長沢中平野さん 海洋汚染訴え全国特別賞 ポスターコンクールで

教育

掲載号:2022年1月28日号

  • LINE
  • hatena
賞状と記念のメダルをもつ平野さん
賞状と記念のメダルをもつ平野さん

  全国の小中高生が対象の「第13回環境教育ポスターコンクール」で、市立長沢中学校2年の平野瑞季さんが、特別賞にあたる「安藤忠雄賞」に輝いた。平野さんは、海洋汚染に関心を持ち、プラスチックごみでクジラが苦しむ様子を表現した。

 同コンクールは(公財)こども教育支援財団の主催で、環境への思いを表現した作品を募集。小中高生合わせた応募数は5954点、中学校からは2766点だった。「安藤忠雄賞」は世界的建築家の安藤忠雄氏が全作品から1点を選んだ。

 夏休みの課題でコンクールのことを知った平野さん。ペットボトルの中で海にいるクジラが窮屈にしている姿を、アクリルで描いた。標語は「海の王者も苦しんでる」。平野さんは「海に捨てられたプラスチックを食べたクジラが亡くなったというニュースもある。人工的に作られているもので生き物が苦しめられているという被害の大きさを伝えたかった」と、題材に選んだ理由を話す。

 安藤氏は「迫力ある構図とストレートなメッセージが強く印象に残る。自分が伝えたいことを的確に伝える『表現力』の高さを感じる作品」と講評。受賞作はポスターになり、学校内にも掲出されている。

「絵で表現、楽しい」

 中学では演劇部に所属する平野さんだが、小学3年生から美術教室に通い、絵で思いを表現してきた。「絵を描くのは楽しい。文章より絵のほうが伝えやすい」と笑顔。建築士の母や、美術大学に通う兄ら家族の影響も大きい。今回も「一番難しかったペットボトルの表現は家族に描き方を相談した」と振り返る。

 平野さんは「楽しく描き続けて技術を高め、環境についても描いていきたい」と目標を語った。

「文字色は暗い赤にして残酷さも表現した」という平野さんの受賞作=主催者提供
「文字色は暗い赤にして残酷さも表現した」という平野さんの受賞作=主催者提供

麻生区版のトップニュース最新6

特設サイトで事業PR

区制40周年

特設サイトで事業PR 社会

イベント概要を順次発信

5月20日号

麻生区の充足率、8割弱

民生委員児童委員

麻生区の充足率、8割弱 社会

12月の改選へ、広報強化

5月20日号

自治会用SNSを試行

川崎市・小田急電鉄

自治会用SNSを試行 社会

区内5団体 10月末まで

5月13日号

区内医師「意識変化に期待」

不妊治療保険適用拡大

区内医師「意識変化に期待」 社会

4月から 専門家への相談増

5月13日号

県ゴルフ大会で優勝

下麻生在住西田さん

県ゴルフ大会で優勝 スポーツ

70歳以上の部 最多3度目

5月6日号

2団体が国交大臣表彰

2団体が国交大臣表彰 社会

「みどりの愛護」功労者で

5月6日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

風景や花の水彩画

風景や花の水彩画

岡田ユキオさん作品展

5月19日~5月24日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook