麻生区版 掲載号:2022年5月27日号 エリアトップへ

川崎市 待機児童、2年連続ゼロ 保留は4年連続減少

社会

掲載号:2022年5月27日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は今月、保育所等利用の待機児童に関する4月1日時点の情報を公開。待機児童は昨年に続きゼロを達成。希望の入所先に入れない保留児童数は4年連続で減少し、前年比294人減の1552人だった。

 市全体の就学前児童数は6年連続で減少し、前年比3135人減の7万3611人。一方、保育所等の利用申請者数は709人増の3万6107人、利用児童数は1003人増の3万4555人でいずれも過去最多だった。待機児童数ゼロは、15年と17年に達成して以来、2年連続は初。

 福田紀彦市長は11日の会見で、「引き続き多様な保育受け入れ枠を用意し、それぞれのニーズに合ったものに応えたい」としつつ、「就学前児童数が急速に減っている。市全体としては枠は余ってきている傾向にあり、必要なところをこれまで以上にきめ細かく見て施設整備等をすることが必要」と語った。

 市内の4月の保留児童数は、2960人だった2018年以降は減少傾向が続き約半数に。利用児童数が多い中原区や高津区では今年、70人以上減った。麻生区の保留児童は201人で、市内7区のうち2番目に少なかった。就学前児童数に対する利用割合は37・3%だった。

 コロナ下では育休延長のために利用申請を行う傾向もみられ、市内保留児童の半数近い767人は育休関係。次いで認定保育園など市の保育施策で対応する児童が330人、特定の保育所等の希望者は307人だった。

個別相談に注力

 各区役所では年度限定型保育や幼稚園預かりなど、多様な施策を入所保留者に案内し、相談に応じてきたという。

 麻生区内では、4月1日に川崎青葉幼稚園が幼稚園型認定こども園に移行したことや、3年ぶりに柿生駅前に保育園ができたことで、受け入れ枠数が拡大。そうした環境の変化に加え、区児童家庭課は、各家庭のニーズを聞き取り、個別に対応する窓口相談に力を入れてきた。区内世帯の特長として共働きが多く、世帯収入が多い家庭では補助金などの利用で、認可保育園より認可外のほうが保育料が安くなるケースもあるという。同課担当者は「認可外というと、響きからよくないイメージも持たれやすいが、選択肢の一つとして検討してもらえるよう案内してきた」と話す。

 今後については「これまでの取り組み姿勢を崩さず、個別の案内に注力していく」と同担当者は語った。

麻生区版のトップニュース最新6

野菜絵本で「農育」

岡上アグリ・リゾート

野菜絵本で「農育」 教育

区内84カ所に寄贈

6月24日号

初年度の申請率53.9%

町会応援補助金

初年度の申請率53.9% 経済

市、事例示し利用促進へ

6月24日号

片平川で「ご近所アート」

市民団体

片平川で「ご近所アート」 文化

遊歩道に展示場所誕生

6月17日号

相談・通告5年で倍に

川崎市内児童虐待

相談・通告5年で倍に 教育

5832件、増加率は低下

6月17日号

南口側にテニス練習場

新百合ヶ丘

南口側にテニス練習場 社会

住宅展示場の跡地に

6月10日号

道路脇に特定外来生物

区内各所

道路脇に特定外来生物 社会

市「持ち帰らないで」

6月10日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

心に響くシャンソンを

心に響くシャンソンを

市民サークルが発表会

6月29日~6月29日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook