川崎区・幸区版 掲載号:2015年5月22日号 エリアトップへ

臨港バス 「さいか屋前」名称継続へ 市民への浸透度、費用負担などが理由

社会

掲載号:2015年5月22日号

  • LINE
  • hatena
老舗百貨店とともに歩んできたバス停「さいか屋前」
老舗百貨店とともに歩んできたバス停「さいか屋前」

 小川町のさいか屋川崎店が今月31日に閉店する中、川崎鶴見臨港バス(通称、臨港バス)は同百貨店の最寄りバス停「さいか屋前」の名称を「そのまま継続する」と本紙の取材で語った。

 新川通りにある「さいか屋前」は10系統のバスが通る。同社によると、百貨店がオープンした当初から停留所名として使用してきたという。「さいか屋は川崎のランドマーク。バス停の名前も地域住民に浸透している。簡単に変更するわけにはいかない」というのが継続の第一の理由だ。

 名称変更には莫大な費用がかかる点もある。名称を変えるには、停留所標識、バスの方向表示幕、路線図、車内アナウンスなどの変更が必要となる。同社によると変更にかかる費用は数百万から数千万という。

 同社では過去、NKK前をJFE前に変更したことがあった。終点であることやJFE側から多少の費用負担があったことなどから変更できたと指摘。当面変更する予定がないことを重ねて強調した。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

人権の大切さ訴え

オンブズパーソン

人権の大切さ訴え 教育

南河原中で「子ども教室」

12月3日号

市、「対象は制定後」

犯罪被害者支援条例

市、「対象は制定後」 社会

登戸事件 既存策で対応へ

12月3日号

南北つなぐ「やさいバス」

南北つなぐ「やさいバス」 社会

地産地消めざし 運行開始

11月26日号

歴史刻む写真1千点

渡田山王町故所榮一さん

歴史刻む写真1千点 社会

妻・芙美子さん、区に寄贈

11月26日号

聖火トーチ、リレーで展示

川崎区内4郵便局

聖火トーチ、リレーで展示 文化

東京五輪の感動 地域へ

11月19日号

事故・詐欺防止へ連携

幸警察署

事故・詐欺防止へ連携 社会

第一生命、外郭2団体と協定

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook